web・アプリ開発者必見?イカしたオンライン決済の Braintree と Stripe

ビットコイン・BITCOIN・BTC

no image
Advertisement

Braintree

braintree

2007 年、カナダで開発が始まった Braintree
Braintree は、世界中の人々の支払いをスムーズにすることを目的として、現在世界 40カ国 130 以上の通貨に対して決済代行サービスを提供しています。(日本未対応)
特徴的な点は、決済代行の守備範囲が広く、PayPal にはじまり Apple Pay から Android PayBitcoin (coinbase 利用)に対応し、現在は venmo とクレジットカードも対応できるように準備中とのことです。
手数料は、決済代行が行われた分だけ支払うという形で、2.9% + 0.3 ドル となっています。
アプリや web 開発者が使いやすいように専用の SDK v.zero も提供されています。
セキュリティーに関する情報提供も親切で、一定の信頼はおけると考えられます。


Stripe

stripe

2009 年、アメリカでスタートした Stripe
Stripe は、インターネットの決済をシームレスにして、世界中のビジネスの役に立ちたいということからはじまりました。
現在世界 21 カ国、130 以上の通貨(テスト中含む)に対応し、クレジットカード銀行口座BitcoinAlipay の決済代行に対応しています。
手数料は国によって異なりますが、日本の場合 3.6 % となっています。アメリカは、2.9 % + 0.3 ドルと若干安い設定です。
Bitcoin の場合は、一律 0.5 % の手数料で、他にもアカウント管理費 0.5 %、チャージバック 15 ドルと何かとお金がかかるサービスです。
アプリや web への課金設定は、公開されている API を利用し設定していきます。(参考ドキュメント
管理画面はこんな雰囲気です。

stripe-admin2


 

ビットコインが世界に注目されてから 2 年ほどたった今、徐々に社会へと浸透してきているように思います。
Stripe の例を見ても、クレジット支払の手数料が 3.6 % に対してビットコインは 0.5 % となっていますので、お店の方もビットコイン支払いに対してなんだかのサービスを仕掛けられるような気もします。
数十年後には、コンビニやスーパーのレジでも多様な決済システムが浸透しているのではないでしょうか?

 

 

ビットコイン・BITCOIN・BTC


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

no image

11月のビットコイン分岐について調べてみた

11月にビットコインの分岐が起きるから、ビットコインは価格を上げて、分岐後には新しい仮想通貨をゲット、と甘い幻想を抱いていたのですが、あまりにも情報が上がってきませんでしたので不安に。 調べてみると色 …

no image

ビットコイン上げます

  9月9日に ”仮想通貨10月まで下げます” 宣言をして、2週間が経ち、予定より早く上げに転じそうなので、ここにその理由をメモします。 chart: coincheck &nb …

ビットコイン投資に勝つ!MT4や自動売買EAで仮想通貨の必勝ライフを

  MT4、いわゆるMetaTrader4ではEAを用いた自動売買・自動取引機能を利用することが出来ます。 FX投資の取引ツールとしてMT4アプリは長らく注目を集めて来ましたが、MT4は仮想 …

【BitMEXをSierra Chartで使うシリーズ②】セッティング

  こちらでは【BitMEXをSierra Chartで使うシリーズ】の 2番目になる『トレード前のセッティング』についてお届けします。 【BitMEXをSierra Chartで使うシリー …

no image

NEOとは

2017年ビットコインが上昇した原因を整理する中で『NEO』という中国版イーサリアムの存在を知りました。 数ある仮想通貨の中で『NEO』がひっかかり、興味がわき、調べた結果をここに残します。 &nbs …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!