FXのトレードで失敗しない!初心者が注意すべきはこの4つ

トレーディング




Advertisement

FXは「主婦でも少ない資金で大きなお金が手に入った」ということで、一時は話題になった投資ですが、「僕も」「私も」と安易な気持ちで始めて「世界的な金融危機に巻き込まれて破産寸前までお金を減らした」という方も多く、今でも危険なイメージをお持ちの方は少なくありません。実際のところについてどうなのか、失敗しないポイントを中心にご紹介します。

FXのトレードは難しい?

FXは相場次第でお金を大きく増やすことが可能な反面、トレードの仕方次第でそれまでに貯めてきたお金を一瞬で大きく減らす危険も大きいです。

FXのトレードは簡単で難しい

FXは将来の為替レートが上がるか、下がるかを予想して注文と決済をすることで損益が決まる、非常に簡単でわかりやすい部分があります。仕組みはとてもシンプルで「現時点で上がりそう」と思えば最初の注文として「買い注文」、その後に予想どおり値上がりした時点で「決済注文(最初の注文を解消する注文:最初の注文が買いなら売り)」で利益が確定します。「現時点で下がりそう」と思えば最初の注文として「売り注文」、その後に予想どおり値下がりした時点で「決済注文(最初の注文を解消する注文:最初の注文が売りなら買い)」で利益が確定します。

予想が当たりやすい時間帯、日がある一方で予想が外れやすい時間帯、日があり、予想が当たりやすい時間帯、日に利益を上げるのは簡単ですが、予想が外れやすい時間帯、日に利益を上げるのはとても難しいです。

簡単である場合

価格が値上がり方向、または値下がり方向に動く時間が長い場合、FXで利益を上げるのは初心者であっても簡単と言えます。残念ながらそうした相場環境に遭遇することはここ最近は少なくなっています。

難しい場合

価格が値上がり方向、または値下がり方向に動く時間が短く、常に乱高下するように方向性の定まらない値動きをする場合、FXで利益を上げるのはトレード上級者であっても難しいと言えます。最近はこうした相場環境が長く続く傾向となっています。

FX のトレードで初心者が注意すべきは?

FXで成績を安定させるには、メンタル面のプレッシャーを小さくし、相場環境の分析スキルを高めることが重要です。

証拠金と取引単位のバランス

FXではレバレッジという仕組みによって、少ない証拠金で大きな取引量の外貨を動かすことができます。国内ではレバレッジは今のところ25倍までですが、海外ではこうした制限がないのが普通です。

短期間にお金を稼ぎたいとFXトレードを始める、取引業者はレバレッジ無制限の海外業者にする、といった方の多くは高い確率で失敗します。FXは1万円が1億円になる可能性はありますが、マイナス1億円になる可能性はその何倍もあります。

短期間にお金を稼ぎたいと考える方は極限までレバレッジを上げてトレードしますが、そうしたトレードでは、予想に対して少しの相場の反対の動きで証拠金がすぐに不足し、強制ロスカットのアラートに常に遭遇することになり、さらにお金をつぎ込んだあげくに資金が尽きて破産という場合が殆どです。

高いレバレッジで裏付けのない予測に基づき、証拠金とのバランスが悪いトレードをするのは、メンタル面のプレッシャーを最大限受けているので、冷静なトレードとは言えず、大損するためのトレードと言えるでしょう。

通貨ペアの選択

取引量の少ないマイナー通貨は、取引量の大きいメジャー通貨に値動きを翻弄され、値動き自体の上振れや下振れが大きくなります。こうした振れ幅が大きいことを利用すれば、大きな利益が得られることもありますが、方向性が変わりやすいのでトレードで良い結果を出し続けるのは難しいです。

FXを始めて間もない間は、取引量の大きいメジャー通貨を軸に通貨ペアの選択をする方がいいでしょう。

トレード時間と時間足の選択

市場取引に参加している人が少ない日や時間帯は、値動きに方向性がなかったり、突発的に上がった後に下がったりと予測が難しい相場となることが殆どです。こうした時間はトレードを見合わせる方がいいでしょう。

時間足について、短い足でトレードする方がエントリーチャンスは増えますが、エントリー回数を増やすほど含み損となる可能性も上がります。また値幅自体も小さいので、取ったリスクに見合うリターンは上げにくいと言えます。トレードでは長い時間足チャートを見て値動きの方向を確認し、その方向に短い時間足のチャートを見ながら注文のタイミングを計るのが基本です。

テクニカルの選択

テクニカルは値動きの方向性の把握や動きの予測の手がかりとして使えるチャート上の曲線や折れ線で示される補助的な表示のことです。テクニカルは分析の目的に応じて複数の種類を使い分けること、沢山表示しすぎないこと、自分にとって相場の分析に最も有効なものを使うということが注意すべきポイントです。

初心者が利益を出せる3つのポイント

トレードで利益を出しやすいのは、トレンドが続きやすい通貨ペア、トレード時間を選ぶとともにスプレッドの狭さや約定力の高さなど、いくつかのポイントがあります。

スプレッドとは

スプレッドはトレード1回あたりに実質的にトレードされる方が負担するコストです。
国内FX業者では、取引に関して手数料や口座開設および維持にお金はかからないところが殆どですが、業者ごとに通貨ペアによって異なるスプレッドを設定しており、スプレッドが固定で最も狭い業者を利用すると利益は出やすいと言えます。

なお、スプレッドとは「通貨を売る時の値段」と「通貨を買う時の値段」の差のことで、取引の状況によって実質的に変動しており、注文が極端に集中する時間や極端に少ない時間には、スプレッドは大きく開くことが多いです。

約定力とは

約定力とは利用者が注文を出して、即時に希望する内容やタイミングで確定できる能力のことです。多くの場合、FX業者の取引システムの能力によるところが大きいです。

利用者が注文を出しても、いつでもその希望する内容やタイミングで確定するとは限りません。例えばレートの極端な下落傾向が見られる時は「売り注文」を何度出してもシステムが受け付けてくれないということがよくありますし、レートの極端な上昇傾向が見られる時は「買い注文」を何度出してもシステムが受け付けてくれないということがよくあります。

つまり同じ方向の注文が一時的に大量に集中すれば、システムの処理する能力を一時的に超えてしまい、利用者の希望する価格より不利な価格で注文が確定してしまうということになります。システムへの投資を常に継続して行い、ある程度注文が集中しても利用者の希望する価格で注文が確定する業者は約定力が高いと言え、スプレッドが狭くても約定力の低い業者ではあまり意味がありません。

その他のポイント

チャートの機能が強力な取引ツールは、トレードする際には有利に働くことが多いです。テクニカルの種類の多さ、パラメータや時間スケールを変えた状況で複数同時表示できるとそれだけテクニカル分析の精度は高いものとなります。

SBI-FXは初心者にオススメ

初心者が利益を出せる3つのポイントのうち、スプレッドが業界最低水準に近く、約定力の評価も適度に良く、何よりも失敗してもダメージの少ない金額から始められるSBI-FXは、初心者にオススメできる業者と言えます。

取引単位がオススメ

SBI-FXは国内業者としては数少ない「1通貨単位」からのトレードが可能なFX業者です。デモトレードではお金に関係しないのでトレード独特の緊張感が少ないですが、「1通貨単位」からのトレードでも損益は生じますので真剣に相場に向き合うことができます。

スプレッドもオススメ

通貨ペアとして選択される事が多い「米ドル日本円」に関しては業界最低水準のスプレッドを原則固定で提供しており、その他の通貨ペアも低い水準にある他、スプレッドの広い通貨ペアでも定期的に低いスプレッドでサービスを提供するキャンペーンを行っています。さらにスプレッドが開くおそれがある日は前もって予告のお知らせをしてくれるなど良心的な業者と言えるでしょう。

まとめ

FXはいくつかのことに注意さえすれば、決して危険な投資ではなく、さらにトレードによる収支がマイナス続きになるということもありません。むしろ株式投資などと比べて取引コストが安く、口座保管料や取引手数料がかからないなど魅力的な部分が大きいです。

ただし、初心者がトータルでプラス収支となるためには、それなりの知識と、それらの知識を実際の相場に当てはめてトレードする応用能力が必要となります。それらは数回程度のトレードで身につくものではありませんが、トレードを続けていくことで自然と身につくようになります。

トレーディング


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

投資としてのfxとは?利益を出すための手法と心構えを解説

「fxを始めて数ヶ月で破産」「fxに手を出して貯金が0になった」といったような声は後を絶ちません。本記事では、このような事態にならずに着実に利益を上げていく「投資としてのfx」について解説してきます。 …

FXのテクニカル分析の基本「移動平均線」を徹底的に掘り下げます

FXのテクニカル分析の基本中の基本である「移動平均線」。シンプルだから初心者向けというイメージかもしれませんが、実は応用力が高く非常に奥深いツールなのです。本記事では移動平均線の基本から応用編まで徹底 …

no image

信用取引こえ〜練習では3戦3敗の巻…センス無いかも

あんまりブログ開設とともに、1日2更新とか飛ばすのはよろしくないと思いつつも・・・ サラリーマンは本日からお盆休み。遊ぶ相手もなく、あまりに暇なので仮想通貨1週間記念日も過ぎたことだし「信用取引」やっ …

投資の極意とは?!未経験者や初心者がはじめるポイントを徹底解説

投資と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。もう随分前の話ですが、昭和の終わりから平成のはじめにかけて、株を中心とした財テクブームが起きました。その後のバブル崩壊から景気の落ち込み、就職氷河期 …

FXのトレンド見極め!テクニカル分析でチャートの転換を知るコツは?

時系列的に通貨ペアの値動きの推移をグラフ化した図表をチャートといいます。こうしたチャートはトレードする際の注文のタイミングを判断する上でとても便利です。このチャート上で、通貨ペアの値動きが値上がりする …