仮想通貨「 ETHLend(LEND)」が気になる!単価が安いBinance銘柄は買いの法則が通じるか?

Binance(バイナンス) ICO アルトコイン(オルトコイン) 仮想通貨 海外取引所

Advertisement

f:id:Virtualcurrency:20171225155802p:plain

ここ最近、全くブログ更新してなかったんですが、前回の更新でTRON(TRX)というコインが気になっているということをお伝えしました。
まさかの2日連続更新です!

virtualcurrency.hatenablog.jp

実際、アクセスも好調なので、やはり皆さん気になっている銘柄なようですが、個人的にはもう一つ気になっている銘柄があります。それが「 ETHLend(LEND)」というコインです。

ETHLend(LEND)とは?現在の価格は?

さて、まず ETHLend(LEND)がどのようなコインかというところですが、こちらのブログで触れられていますので、一度確認されてみるとよいかと思います。

イメージとしては、プロミスとかアイフルブロックチェーンに乗ったって感じでしょうかね。

リンク先のブログでも書かれていますが、正直この分野は競合が多いので、将来価値が伸び続けるかと問われれば、なかなか難しいと答えます。ちなみに競合とは、直近で言えば「SALT」もそうですね。フェーズごとでかなりの金額を集めていましたが、いざICOが終了してとなると、そこまで高騰はせず、個人的には期待はずれに終わりました。また、かなり期待されていた案件である「Everex」もそうでした。まあ、この時期はICOそのものがやや疑問視され始めた時期でもあったので、若干世間からのフィルターがかかっていたのも事実です。

本題に戻りましょう。ETHLend(LEND)の魅力は何と言っても、1単位あたりの価格が安いこと。本稿執筆時点において約7円となっていますので、この界隈に参入してすぐの方にとっては買いやすい価格だと思うのです。

しかも、Verge(XVG)が1900倍もの価格に化けた経験も皆さん見ているので、なんとかして価格の低いコインを買って、一発当てたいという願望があります。価格が安く、ある程度コンセプトがしっかりしたコインというのは、”買い”と判断される可能性が高いです。

運営も比較的しっかりしている印象

また、ETHLend(LEND)の魅力としては、運営がしっかりとしていることーつまり実体があり、開発も進んでいるということが挙げられます。

ツイートにもありますが、アジアの取引所への上場についても積極的に進めているなど、抑えるべき市場はしっかりと抑えようとしている印象。やはり、仮想通貨というのは資金調達だけでなく、株のようにその価値を高めてこそ、ホルダーの支持率が挙げられ、結果的に運営側にも還元されます。こうして、運営側がしっかりとコインの価値をあげようと動いているというのは素晴らしいことです。

近日中のアップデートも予告(※記事執筆時点)

さらに、開発状況もしっかりと更新してくれています。引用元のツイートにもある通り、本稿執筆時点において近日中のアップデートが予告されています。この界隈に参入したての方には分かりにくいかもしれませんが、このアップデートの内容次第では、価値が大いに高まる可能性もあります。

今回はその内容が明かされていないので、まずはアップデート内容を見てからということにはなりますが、内容次第では倍々なんてことも珍しくはありません(※逆も然りなので、油断は禁物です)。

AirDrop(エアドロップ)も控えており、価値上昇の可能性

価値が上昇する通貨に共通する点として、2018年1月にはAirDropも控えています。

AirDropというのは配当と考えると分かりやすいかと思いますが、指定のウォレットや取引所などに同コインを置いておくと、指定された時点のスナップショットに応じて、一定割合のコインが付与されます。AirDrop前には、それ目当てのユーザーも急増するため、価値が急騰するということもしばしばです。

ちなみに、ETHLend(LEND)のAirDrop受け取りにはEIDOOウォレットが必要ですので、お持ちでない方は準備しておく必要があります。

とにもかくにも、今は価格が低く、コミュニティが活発で、開発もしっかりと進んでいるコインの上昇率が凄いことになっていますので、こうしたコインに0.1BTCずつツバをつけておくと良いことがあるかもしれませんよ!

ちなみに、ETHLend(LEND)を購入するには、現状Binanceが一番便利です。

まだ登録がお済みでない方は、こちらから登録してもらえると、すごく嬉しいです^^

まずはZaifやコインチェックにてイーサリアム(ETH)、Ripple(XRP)などを購入し、Binanceに送信。その後、ビットコイン(BTC)へと交換し、ETHLend(LEND)を購入する流れとなります。分からなければ、質問くださいね!

では!

★次なるVerge(XVG)を探す旅を続けています^^
virtualcurrency.hatenablog.jp
virtualcurrency.hatenablog.jp
virtualcurrency.hatenablog.jp
virtualcurrency.hatenablog.jp

Binance(バイナンス) ICO アルトコイン(オルトコイン) 仮想通貨 海外取引所


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

リスクにはこう対処しろ! 仮想通貨投資に見る投資の鉄則

今回は、仮想通貨投資に伴うリスクとその対処法を考えてみようと思います。2017年に大きく上昇した仮想通貨ですが、2018年には大きく下落、現在調整が続いています。仮想通貨は極めて将来性のある市場ですが …

仮想通貨の草コインとは?!Vergeを例に相場ポテンシャルを公開!

  コンテンツ目次1 仮想通貨の種類2 草コインとは3 「Verge」という仮想通貨3.1 「Verge」の特長 - 取引データの非公開化3.2 「Verge」の特長 - 高速な送金スピード …

no image

仮想通貨MANA(Decentraland)がくる?!Binance(バイナンス)銘柄、単価激安&コミュニティ安定の三拍子

Binance銘柄が高騰を続けるここ数週間ですが、皆さんは「MANA」という仮想通貨をご存知ですか? 仮想通貨MANAは、Decentralandと呼ばれるVRゲームで使われるトークンで、8月にICO …

no image

NEM(XEM)のデビットカードは日本で使える?社長のツイートにみんなドキドキ

ども、つーじーです。 NEM(XEM)のデビットカード登場が突如、発表されましたね。 We are working to get the XEM on spectrocoin. Thanks for …

no image

仮想通貨THC(HempCoin)とは?チャートや価格、将来価値をチェックーー公式が1ドルを目指すと明言する材料満載の銘柄

昨夜のビットコイン高騰はすごかったですね。アルトコインを買っていた方にとってはブルーな朝かと思います。 しかし、こんな時こそ気になっていたアルトコインを買い増しすることこそが仮想通貨投資・・・私はガッ …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
仮想通貨は自動売買・自動取引

友達追加でお得な情報GET