Bitcoin相場は今後どうなる?ビットコインに投資すべきかを解説!

ビットコイン・BITCOIN・BTC




Advertisement

ここまでのBitcoin

ビットコインは大きな相場変動を繰り返してきた

2009年に初めてBitcoinが発行されてから、Bitcoin価格は短期的には激しく変動しながらも、長期的に見ると上昇していると言えます。中央管理者がいないため、価格変動を抑制したり調整する役目を果たしてくれる存在がありません。

また、Bitcoinなどの仮想通貨に対して楽観的でいる人たちでさえも、仮想通貨の市場には疑心暗鬼な気持ちでいます。情報に敏感になりがちなので、小さな情報でも、それによって市場は大きく揺さぶられます。

これからもこの動きは続き、大きな変動を繰り返していくと思われます。

Bitcoinは最高額1BTC=240万円を過去には記録

2017年12月には、Bitcoin史上最高額となる1BTC=240万円の値をつけました。その後、二日もしないうちに100万円も下落してしまい、多くのBitcoin保有者が大損する事態となりました。

Bitcoinは投資対象か、それとも投機対象か?

Bitcoinを含む仮想通貨を、投資対象と考えていいのか。このことについては今までにも数多くの議論が行われてきました。しかし、専門家の間でも意見は分かれているので、もうしばらくは様子見をする必要がありそうです。


Bitcoin価格上昇説

デジタルブームは続き、ビットコインの価格は上がる

21世紀初頭からデジタル化が進んでいて、生活をどんどん便利にしてくれるこのデジタル化の波は、これから何十年も続くでしょう。そうすると、デジタル化した世界には、ますます大きな額がお金が流れ込んできます。そのことによって、Bitcoinを含む仮想通貨の需要も今後は増えるので、価格は上昇していくでしょう。

Fintechが当たり前の世代はビットコインが普通

平成生まれの方々は、子供の時からデジタル世界に慣れ親しんでいます。その子供たちが大人になって働くようになった時には、Bitcoinなどの仮想通貨を当たり前にして、多様な事業やサービスを生み出してくれると期待されています。

つまり、将来的には仮想通貨の需要は増大すると考えられます。

送金・決済革命もビットコインが牽引

世界がデジタル化していくとともに、グローバル化も進んでいきます。銀行などの既存の金融機関を通して国際送金を行おうとすると、店頭窓口だと5,000円、ネットバンキングでも3,000円の手数料がかかってしまいます。

例えば、日本からアメリカに10,000円を送金しようとすると、店頭で送金手続きを行うと15,000円も準備しなければなりません。とても損した気持ちになりますよね。

これを仮想通貨を用いて国際送金を行えば、100〜200円程度の手数料で済みます。仮想通貨を利用した送金がもっと普及すれば、誰も店頭窓口で国際送金する人はいなくなりますよね。仮想通貨の需要は伸びていくでしょう。

政府への信頼の低下も仮想通貨を後押し

仮想通貨の最大の特徴の一つに、通貨の中央管理者がいない、分散させて管理するシステムを取っているという点があります。この長所が特に活きるのは、ある国家や地域が存続の危機に瀕したときです。

普段私たちが使用している通貨は、国家が信用を裏付けていることによって安心して使えているのです。その国家が危機に陥ると、紙幣は紙切れになる危険性が出てきます。すると人々の中には、中央管理者のいる通貨から仮想通貨に資産を避難させる人が出てきます。

こうしたことが増加していくと、次第にBitcoinなどの仮想通貨の有用性が見直されることで、今後は需要が高まることが考えられます。

仮想通貨への投資に大手投資銀行も参入

米国の大手投資銀行であるモルガン・スタンレーやJPモルガンは、Bitcoinを元々は既存のビジネスモデルの敵とみなしてきましたが、あまりに大きくなった仮想通貨の存在を無視できなくなり、仮想通貨資産戦略部などを新設しました。これからは投資銀行だけではなく、様々な業界から企業が相次いで参入してくるでしょう。富裕層が仮想通貨に興味を持ち始めている以上、そこを商機と捉えることは当然の流れです。

さらに大きなマネーが流入し、需要が拡大することでBitcoin価格は今後上昇すると予測されます。


Bitcoin価格下落説

仮想通貨全般が政府による規制対象になる

各国の政府は、Bitcoinなどにより法定通貨の存在が危険にさらされることを恐れています。それは、自己権益を守りたいという考えもあるかもしれませんし、国民を守りたいという意思かもしれません。

政府にとって仮想通貨は、直接管理することができないものです。なので、仮想通貨熱があまりにも上がりすぎたり、システム上の脆弱性が発見された場合には、政府は仮想通貨に対して強力な規制をかける可能性があります。

規制がかけられると、人々は自由に使用できない仮想通貨から手を引き始めます。需要が減少した仮想通貨は、価格は下げていきます。

仮想通貨は所詮ブーム

たしかにBitcoinなどの仮想通貨の価格は近年一気に上昇しましたが、それは単なるバブルである可能性は残っています。

新しいものが好きな人たちにとっては、Bitcoinはとても魅力的な商品に見えたはずです。一方で、仮想通貨の流動性が期待以下であったり、規制などにより使い勝手がよくならなかった場合は、一時は1BTC=240万円まで高騰したBitcoinもただのブームで終わってしまうかもしれません。

人々の興味を惹きつけなくなった通貨は、需要がなくなり次第に価格を落としていくでしょう。

ビットコイン・仮想通貨 まとめ

いかがでしたか?Bitcoinの価格はこれからどうなるのかという疑問は、仮想通貨に興味を持っている人なら誰しもが感じることです。

しかし、専門家ですら判断できないことなので素人には少し難しすぎるかもしれないです。どんな理由をもとにどんな意見が出ているのかを知っておくだけでも理解は深まるでしょう。


 

ビットコイン・BITCOIN・BTC


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

no image

ビットコイン上げます

  9月9日に ”仮想通貨10月まで下げます” 宣言をして、2週間が経ち、予定より早く上げに転じそうなので、ここにその理由をメモします。 chart: coincheck &nb …

no image

中国の仮想通貨規制その後

  2017年9月に仮想通貨取引所の閉鎖を命じた中国。 それから3ヶ月が過ぎた今の取引所の状況をまとめておきます。 規制問題で揺れる韓国、またその他の国で起こるであろう規制の際、参考になると …

no image

ビットコインの価格について

今年の5月に30万円を突破し、今後ビットコインの価格はどうなるんだろう・・・と考えている方も多いと思います。私も、どうなるのだろう・・・と思いましたので、今後のビットコイン価格を考えてみました。 &n …

ビットコイン価格予想と使えるチャート集

Google Chart 10月半ば頃から上昇トレンドに転じたとみられるビットコイン。私もそうですが、どこまで価格が上昇するのか戸惑っている方も多いのではないでしょうか? 基本的にビットコインは、円や …

利益のでたEA【2018.03.14】

  ビットコインベースの自動売買を学習し始めて早 1月が経過。 あれこれ試す中で利益のでた EA が 2つありますのでここに記録します。     コンテンツ目次1 利益の …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

友達追加でお得な情報GET