bitcoinは採掘できる?マイニングの仕組みと参加方法を解説

採掘・マイニング




Advertisement

今や世界的に注目を浴びるbitcoinですが、それを「採掘」することができるのをご存知でしょうか?本記事ではbitcoinのマイニング(採掘)の仕組みを解説して、さらにマイニングに参加する方法も合わせてご紹介します。

bitcoinとは?

bitcoinとは、ブロックチェーンという技術を用いて作られた仮想通貨のことで、現在では1000種類以上ある仮想通貨の元祖とも言える存在であり、仮想通貨界の基軸通貨となっています。

bitcoinの根幹にあるブロックチェーンは「中央管理者がいない通貨システム」を実現し、円やドルのような法定通貨に代わる存在となる可能性を秘めているとされ、世界中から注目されています。

そんなbitcoinを手にいれるには取引所や販売所での購入が一般的ですが、実は「無料で手にいれる方法」が存在して、それを採掘作業に見立てて「マイニング」と称されています。

bitcoinのマイニング(採掘)について、以降で詳しく解説していきます。

マイニング(採掘)の仕組みを解説

まずはbitcoin含むほとんどの仮想通貨で採用されているマイニングというシステムの仕組みを解説していきます。以降で順を追って説明していきますので、参考にしてください。

P2Pネットワークについて

bitcoinのマイニングを理解するには、ブロックチェーンというシステムの理解が必要不可欠です。ブロックチェーンの根幹的な理論はP2Pネットワークと呼ばれています。

P2Pネットワークとは一言で表すと「不特定多数のノードによるデータベース管理」のことです。まず「ノード」から解説していきます。

ノードとはデータベースの管理者です。bitcoinのブロックチェーンでは、ブロック内に世界中のbitcoinユーザーのトランザクション(取引履歴)がリアルタイムで記録されていきます。

トランザクションが改ざんされていないものでないのか確認するのがノードの役割です。そしてノードはPCがあれば誰でもなることができ、参加も退場も自由で上下関係もありません。bitcoinでは既に不特定多数のノードが世界中に存在します。

そして、このノードたちがブロックチェーンのデータを「等しく共有する」ことで、bitcoinは中央管理者がいなくても稼働していくのです。

マイナーの役割

マイナーというのは、マイニングをする人のことですが、bitcoinのノードのことでもあります。前述の通りノードはブロックチェーンの情報をチェックすることを仕事としますが、このチェック作業を「マイニング」と称するのです。

マイニングと称されるチェック作業は、数学的な暗号理論を用いた複雑な計算を解くことです。これを全てのマイナーが同じ問題を計算をすることで、改ざんされていないかを確認します。

そして、マイニングを担うマイナーたちに報酬としてbitcoinが支払われます。この作業を採掘にみたててマイニングと称されるのです。

PoW(プルーフオブワーク)

最後にプルーフオブワークについてです。これは、マイニングにおける承認システムのことで、つまりは「正しいブロックである」と証明する方法の一つです。

単純に正しいかどうかは、マイナー達の計算結果が全員同じであれば問題なく「正しい」と証明できますが、もしも違う計算結果が出ればどうでしょうか?

普通は多数決で多数派の方を正しいとしますが、ビットコインのマイナーは不特定多数なので「過半数」が把握できません。そのような状態で「正しい結果」を証明する方法がプルーフオブワークなのです。

プルーフオブワークは、ブロック内の計算を一番早く終えたマイナーにbitcoinを報酬として与えるというシステムで、徒競走のような面があります。

このようなシステムがなぜ承認システムとして機能するかというと「正しく真っ当に仕事をした方が結果的に一番利益となる」ため、不正や改ざんをする意味が無くなるからです。

bitcoinをマイニング(採掘)する方法

bitcoinをマイニングするには基本的にはPCがあれば誰でも参加することができます。しかし、ある程度プログラミングなどの専門的な知識を要し、さらに現在のbitcoinマイニングは普通のPCだけでは困難です。

なぜなら世界的なbitcoinブームで、マイナーの数も増えているからです。つまりはライバルがたくさんいるので、普通の設備では太刀打ちできないということです。

現在でbitcoinをマイニングするには以下のような方法があります。

ASICを使って個人でマイニング

ASICとはPCの計算速度を飛躍的に向上させる専用マシンです。数十万〜数百万円の高額な機器でPCに取り付けるのにも専門的な知識を要します。

bitcoinを個人でマイニングする場合、ASICが無くても可能ではありますが、それでは十中八九電気代で赤字となってしまうでしょう。

ASICを使用するのにも、マイニングするのにもかなり専門的な知識を要しますので、初心者にはややハードルが高いでしょう。

グループでマイニング、クラウドマイニング

マイニングを個人ではなくグループを組んでおこない、儲けを山分けするスタイルのマイニング方法もあります。

「プールマイニング」と称されるグループマイニングでは、専用のサイトにアクセスして登録します。そこで、数あるグループの中から選択してマイニングに参加します。

プールマイニングは複数台のマシンパワーを合算して計算するので、高額な機器が無くても勝算はあります。しかし、当然ながら報酬として得たbitcoinはチームメンバーで山分けなので、割に合うかどうかという点はやってみなければわからない部分です。

しかし個人でマイニングするよりもハードルは低く、初期投資の金額も抑えられます。

bitcoinマイニング(採掘)の新規参入

現状ではbitcoinのマイニングに新規参入するのはやや厳しいと言えます。bitcoinは2017年の世界的なブームを皮切りにマイナーの数も爆発的に増えました。

ただ人数が増えただけならまだ良いのですが、問題は「マイニンググループ」と呼ばれる事業としてマイニングに参加しているコミュニティの存在です。

巨大なマイナーグループではマイニング機器に数千万単位の資金を投入して、モンスタークラスの計算能力を用いてマイニングをしています。

そのような状況で個人でマイニングに参加するのは、仮にASICを使用したりプールマイニングに参加したりしたとしても、あまり得策とは言えません。

全く利益が出ないということはないでしょうが、マイニングという作業は大量の電気を消費するので、電気代だけで赤字となってしまう可能性が高いです。

もしマイニングに参加するなら、そこまで知名度がないマイナーなコインを狙うのが良いでしょう。ライバルの少ないマイニングが可能なコインは手に入れてもそれほど価値が無いかもしれませんが、保有していれば将来的に値上がりする可能性もあるので、やってみる価値はあります。

ビットコインのマイニングまとめ

bitcoinのマイニング(採掘)は今や世界中の人々が参加して新規参入は厳しい現状です。しかし、裏を返せばそれほど「魅力のある事業」であるとも言えます。

将来有望な仮想通貨はbitcoinの他にもあり、それらをマイニングで手に入れることができれば大きな利益を産む可能性は十分にあります。

マイニングの手法自体はどの仮想通貨でも変わらないので、「副業」としては将来有望と言えます。今のうちにマイニングの手法を身につけておくことは決して無駄にはならないでしょう。

採掘・マイニング


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

eobot – クラウドマイニング

Eobotはこちらから10秒で登録できます eobot は、クラウドマイニング・サービスを一定期間利用できるサイトになります。 設立 2013年 登録数 100,000 以上(2014.12.25) …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

友達追加でお得な情報GET