bitcoinのウォレットの種類と特徴を初心者でもわかりやすく解説

ウォレット




Advertisement

bitcoinのウォレットとは?なぜウォレットが必要なのか?本記事ではbitcoinウォレットについてわかりやすく解説して、初心者でも適切なウォレットを所有できるように「選び方のポイント」も併せてご紹介します。

bitcoinのウォレットとは?

bitcoinを始めとする仮想通貨を保管したり取引をしたりする際に、必ず必要なのがウォレットです。このウォレットを個人で持って、各ユーザーが自身でbitcoinを保管するのが現代においては適切とされています。

ウォレット=財布という意味なので、仮想通貨そのものを保管するように思えますが、厳密には違います。

実は仮想通貨というのはブロックチェーンというデータベース上に存在して、そこから動くことはありません。そのため、ウォレットで保管するのはコインではなく、ブロックチェーンにアクセスするために必要な「鍵」を保管するものなのです。

そしてその鍵を保管するウォレットには様々な種類があり、初心者にはどれを選ぶべきか迷うところでしょう。そこで、まずはウォレットを選ぶポイントをご紹介します。

ビットコインのウォレットを選ぶ際のポイント

bitcoin(BTC)を管理するためのものといっても、実際にウォレットを選ぶポイントはそれほど特殊ではありません。考慮すべきなのは「利便性」と「セキュリティ」の2点です。

bitcoinウォレットの利便性

自分のウォレットから取引所に、あるいは取引所からウォレットに、もしくは自分のウォレットから他者のウォレットにbitcoinを送金することは多々あるでしょう。

その際に、なるべく手間がかからず簡単にできる方が望ましいと言えます。そういった意味での利便性はウォレットによって大きく変わります。

bitcoinウォレットのセキュリティ

bitcoinをウォレットで保管することの必要性は、盗難やハッキングから自分の所有するbitcoinを守るためという一言に尽きます。

ウォレットそのもののセキュリティレベルを考慮するのは当然でしょう。

bitcoinウォレットの「利便性」と「セキュリティ」のバランス

「利便性」と「セキュリティ」どちらも譲り難く、できれば両方を兼ね備えたウォレットでの管理が理想的です。

しかし、現実問題としてその二つは相反する要素で、セキュリティを追求すれば利便性が劣り、利便性を追求すればセキュリティレベルは下げざる得ないものです。

そのため、自身の投資や生活のスタイルを鑑みて、どちらを優先させるべきかを考慮した上で、適切なウォレットを持つべきでしょう。

以降でウォレットの種類と、利便性とセキュリティに関する種類毎の解説をしていきます。

Bitcoinウォレットの種類

ウォレットの種類は大きく分けて4つに分類されます。それぞれが利便性とセキュリティの面で違いがありますので以降の解説を参考にしてください。

オンラインウォレット

その名の通りオンラインで管理するウォレットです。インターネット上の貸し倉庫のようなものとイメージするとわかりやすいでしょう。

オンラインウォレットの利便性

bitcoinがそもそもデータなので、そのやりとりはオンライン環境でなければなりません。そのため、オンラインウォレットの場合はbitcoinの取引が最もスムーズであると言えます。

さらに、自身のPCやスマートフォンの容量を圧迫することもないので、利便性は以降で紹介するウォレットと比べても一番でしょう。唯一の難点はオンライン環境でなければアクセスできないという点です。

オンラインウォレットのセキュリティ

利便性がとにかく良いということは、前述の通りセキュリティは比較的低いです。オンラインウォレットは会社が提供するものなので、その会社のセキュリティ対策に依存します。

仮に万全のセキュリティを誇る企業であっても、常にオンライン環境にさらされているという意味では、ハイリスクであることは変わりません。

オンラインウォレットは、頻繁にbitcoinを出し入れして、なおかつそれほど多額のコインを保有しないユーザー向けと言えるでしょう。

ソフトウェアウォレット

PCやスマートフォンのソフト・アプリケーションで保管するのが、ソフトウェアウォレットです。bitcoinのウォレットでは最も一般的で、種類も豊富です。

ソフトウェアウォレットの利便性

利便性はオンラインウォレットにの次に良いと言えます。スマートフォンやPCでの管理なので比較的送金も容易にできるでしょう。

ただソフトやアプリケーションをダウンロードするので、それなりのデバイス内の容量を圧迫するのが難点です。

ソフトウェアウォレットのセキュリティ

オフライン環境での管理も可能なのでオンラインウォレットより優れたセキュリティと言えます。しかし、PCやスマートフォンを常にオフラインにしておくということは無いでしょうから、それなりにオンライン環境下でのリスクは伴います。

そのため、ソフトウェアウォレットは、取引頻度も保有量もそこそこ多いユーザー向けです。

ペーパーウォレット

読んで字のごとく紙面上で管理するタイプのウォレットがペーパーウォレットです。ウォレットを財布と認識していると紙で保管するというのはイメージしづらいですが、前述のような「鍵を保管するもの」という認識なら納得できるでしょう。

ペーパーウォレットの利便性

ペーパーウォレットはブロックチェーンにアクセスするための鍵のデータをQRコードにして紙に印刷するものなので、取引のたびに読み込まなくてはなりません。

利便性という意味では全ウォレットの中でも最下位と言えます。

ペーパーウォレットのセキュリティ

ハッキングなどのデジタル犯罪に対してのセキュリティは万全と言えます。紙をハッキングすることは不可能なので安全性は折り紙つきです。気をつけなければいけないのは、紙そのものを盗まれてしまうと完全に無防備となってしまうことです。

ペーパーウォレットは多量のbitcoinを保有していて、取引をほとんどしない長期保有タイプのユーザー向けと言えるでしょう。

ハードウェアウォレット

bitcoinを管理する専用デバイスがハードウェアウォレットです。ペーパーウォレットと同じく完全オフラインでの保管が可能です。

ハードウェアウォレットの利便性

取引の際にはPCやスマートフォンに繋がなければいけないので、利便性はそれほど高くありません。しかし、ペーパーウォレットよりは便利と言えるでしょう。

操作には多少慣れが必要ではありますが、慣れてしまえばストレスなく使いこなせるものです。

ハードウェアウォレットのセキュリティ

完全オフライン環境での保管なので、ハッキング対策としては万全です。さらに使用するためのパスワードを設定することもできるので、紛失や盗難にも対応できる最高レベルのセキュリティを誇ります。

多少の費用がかかるのが難点ですが、多量のbitcoinを保有してなおかつそれなりに取引も行うユーザーには最適なウォレットです。

ビットコインのウォレット注意事項まとめ

2017年末に起きた「ネム流出事件」を皮切りにbitcoin管理のセキュリティーは急速に世間の関心を集めるようになりました。

これからの時代は「bitcoinは自分のウォレットで管理する」ことが当たり前になっていくと予想されています。取引所に預けっぱなしにするのではなく、自身で適切なウォレットを所有してbitcoinを安全に管理するのは最早「最低限」必要なことと言えるかもしれません。

 

ウォレットを作ったらマイニングで不労所得を稼ごう!

仮想通貨のウォレットを作ったあとは、Eobotというロシアの老舗クラウドマイニングサービスを使ってマネタイズができます。今すぐこちらから登録してお試しください。

ウォレット


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

関連記事はありませんでした

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

友達追加でお得な情報GET