2018年リップルの予想価格とRipple(XRP)の特徴

リップル・Ripple・XRP




Advertisement

昨年、400倍という高騰をみせたのが仮想通貨ランキングで、時価総額3位のRippleです。昨年1月の価格は1円未満という安値だったこともあって、『億り人』を大量に誕生させるきっかけにもなりました。では直近の価格はというと1XRP=約51円と最高値をつけた今年の1月が約401円だったので、約6分の1の価格になっているということになります。高値を掴んでしまい、売りたくても売れない方もいるでしょう。果たしてRippleは再び上昇するのでしょうか。

Ripple(リップル・XRP)とは

現在Rippleは時価総額ランキングでビットコイン、イーサリアムに続く3位に位置していて時価総額では約2兆円という規模になっています時価総額2兆円というのは日本企業では、東芝やエーザイなどと肩を並べるくらいだと考えると分かり易いのではないでしょうか。

Rippleは主に通貨と通貨の橋渡しをするために作成された仮想通貨ということから『ブリッジ通貨』ともいわれています。現在の国際送金のシステムは送金手数料が非常に高いばかりではなく、スピードが遅いという欠点を改善させることができるのがRippleです。Rippleの持つ技術を使用することで現在の送金システムより決済スピードは速く、手数料も割安になるとされています。

まさにRippleは現在の国際送金システムに大変革を起こそうとしています。現在Rippleを使った実証実験は昨年日韓の銀行がRippleを使った実証実験を行っています。
近々では三菱UFJ銀行が中継銀行を経由しないで国際送金を行う実験を開始することを発表しています。

Rippleは現在数多くの銀行と提携を結んでいるので、多くの銀行が今後実証実験を行っていくことでしょう。さらにRippleはGoogleやアマゾンとの提携の噂が常に流れています。

Rippleの特徴

Rippleには大きく2つの特徴があります。特筆すべき技術を紹介していきます。

ILP(インターレジャープロトコル)

ILPは今まで規格が違うためできなかった資産の移動や送金などを可能にした技術です。説明だけでは中々難しいと思いますので、具体例を挙げて説明していきます。

例えばスマートフォンの引き落とし当日、銀行口座にお金がなかったとします。現段階では後日、店での払い込みなどで対応しないといけません。
しかしRippleを使用することによって、ビットコインの残高を銀行口座へ送金することや、T-Pointなどの電子マネーの残高を銀行に振り込むということもできるようになります。もちろん、電子マネーからビットコインまたは現金に交換することも可能になります。

POC(Proof of Consensus)

POWやPOSなどと違い、誰でもマイニングに参加できるわけではありません。Ripple Inc.に承認された企業や団体だけしかマイニングをする権利を与えられません。その代わりPOWやPOSよりも承認時間が速いというのが特徴です。Ripple Inc.に認められているのはマイクロソフトやSBI Holdingsなどがあります。

XRP Ledger

Rippleを使用した送金は非常に高速で送金スピードは5秒といわれ、ビットコインの送金スピードが10分なので、その120倍のスピードで送金が可能となっています。この高速かつ安価な価格で送金を可能にしているのが、IOUという技術です。IOUとはI Owe You(私はあなたに借りがある)という日本語訳になり、一般的な銀行で使用されている技術で、いうならば銀行が発行している借用手形のことです。

例えば自分の口座に10万円入金した場合、通帳には残高10万円と表示されます。この残高10万円というのが、「銀行はあなたから10万円を借りました」という証明となっています。そして残高の10万円はいつでも引き出せることができるというものがIOUです。

IOUを使用することで、金銭のやり取りに必要な余計なやり取りを省くことができるようになります。しかしIOUには『返済する能力や意思がない限り成立しない』というデメリットがあります。

どういうことかというと、貸した相手がお金を持っていて、かつ求められた時に返す意思がある時のみ効果があるというものです。なので、お金を貸した相手がお金を持っていない場合や、持っていても返す意思がない場合、無効ということになってしまう、ということです。
このように借り手が返済責任を負わない可能性をカウンターパーティーリスクといわれているものがIOUにはあります。

将来のRippleの価格予測

Rippleに関して様々な機関が価格の予測をいているので、いくつか紹介していきます。

NASDAQによるリップルの相場予想

ナスダックはアメリカの新興企業を対象とした株式市場で、日本ではマザーズ市場にあたります。 2018年内に1ドルの価格予測をしていて長期的には5ドルという価格を予測しています。

Investing prによるリップルの相場予想

投資や金融専門サイト「Investing pr」が予測した、2018年のRippleの価格は5ドルから7ドルと予測をしています。

SBI Holdingsによるリップルの相場予想

現在SBI HoldingsのCEOの北尾吉孝氏はRipple の2018年末の価格を10ドルとの予測をしています。10ドルという予測は様々な機関がRippleの価格予測をしていますが、最も高い価格です。

Wallet Investorによるリップルの相場予想

仮想通貨の将来性を予測しているサイトで、2019年の初めに1ドルと予測をしています。

2018年多くの機関が予測するRippleの平均価格は、2ドルから4ドルといったところでしょう。北尾吉孝氏のように10ドルを予想している方もいれば、Wallet Investorのように、1ドル前後との予測をしているところもあります。ただしあくまでも予測なので、鵜吞みにしないようにしなければなりません。

チャートから見る近々のRippleの価格予測

1月1日に401円という高値をつけた後は、各国の規制やハッカーによる取引所へのハッキング等で、仮想通貨は大きく下落してしまいます。Rippleチャートの週足でみると残念ながらまだまだ下落トレンドの最中です。

かなり売られ過ぎている状態ですが、まだセイリングクライマックス(最後の売り場を意味し、この後大きく上昇し易くなります)が訪れていないようなので、一度大きく下落する可能性があります。

次にトレンド変換ですが、前述したようにまだ下落トレンドの途中なこと、セイリングクライマックスがまだ来ていないことから、しばらく上昇トレンドになるのは、先になるのではないかと考えています。ただ上昇トレンドに転換するのは、そこまで遠いというわけではありません。

従って、瞬間的に大きく下落をしたとしても、狼狽売りをすることは止めましょう。個人的にはチャートを読む自信がないのならば、年末から年始くらいまで、しっかりとRippleをホールドしておきましょう。

各機関が予測している通り年末までには、チャートが整い上昇トレンドになり、Rippleの価格も上昇しているのではないかと考えられるのではないでしょうか。

XRPの相場予想 まとめ

Rippleだけではなく、全てのアルトコインにいえることなのですが、基本的にビットコインが調子よく上昇しているときは、Rippleを含むアルトコインも大きく上昇をするようになっています。逆にビットコインが大きく下落してしまうと、ビットコインに引っ張られるようにアルトコインは下落してしまいます。

Rippleに関していえば、アマゾンやGoogleなど世界的に有名な企業との提携などの、ビッグニュースが出てくれば、仮にビットコインの価格が下落していたとしても、上昇していくことでしょう。しかし基本的にはビットコインとほぼ同じ動きをしていると思ってもらってください。

今年の年末にかけてビットコインの価格は、大きく上がるという予測をしている人たちはかなり多くいます。個人的にもビットコインの価格が上がってくると推測をしているので当然、Rippleの価格も上がってくるのではないかと考えています。

同時にアマゾンやGoogleとの提携の話が表に出てくれば、Rippleの価格は今年初めの401円近く、または401円以上を記録する可能性もでてきます。そうなれば、SBI HoldingsのCEOの北尾吉孝氏が予測している、10ドルというのもまんざら夢ではなくなることでしょう。

リップル・Ripple・XRP


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

no image

Ripple – 本人確認はお早めに?

  セキュリティー強化の一環でアカウントの本人確認作業を開始した ripple trade。 今年の8月30日までとあるものの、意外と日本在住の方にはハードルが高い?本人確認となるかもしれま …

eobot – 2.0 系もクラウドマイニング

2015年1月17日16時ごろ(日本時間)クラウドマイニング・サイト eobot は、マイニング対象通貨を5種増やし計20種としました。新たに加わった通貨は、Storjcoin X, Gems, Co …

no image

ripple – 日本にいる方にご注意?

  ripple のポータルサイトに異様な記載事項があります。仮想通貨については、ビットコインをはじめライトコインやダークコインなどたくさんのコイン公式サイトが存在しますが、英文内に日本語で …

no image

ボーナス – Ripple Trade 本人確認で 500XRP のボーナス

今年の 7月上旬ごろに公表されたリップルトレードの本人確認。一旦は 8月末締め切りだった予定が 10月末に繰り下げられて、さらに今年 6月 30日までにアカウントを作成していて、本人確認を完了した人に …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

友達追加でお得な情報GET