比較 – マルチシグ VS シングルシグ の取引承認時間

ビットコイン・BITCOIN・BTC

no image




Advertisement

ビットコイン取引の承認時間にイライラしたことはありませんか?
巷ではマルチシグネチャ方式のビットコイン・ウォレットを使用すると、承認時間が早いというのでテストしてみました。

テスト環境

  • ネットワーク/Wi-Fi (楽天 ReCoupon WiMAX 下りで約 6 ~ 7 Mbps)
  • 受信ウォレット① Bitcoin Core ローカル・シングル方式
  • 受信ウォレット② mSIGNA ローカル・マルチ方式
  • 受信ウォレット③ Circle オンライン・シングル方式
  • 受信ウォレット④ BitGo オンライン・マルチ方式
  • 送金元 Blockchain ウォレット

比較テスト

Blockchain ウォレットから一斉送金を行ってみました。
bitcoin-multisig-singlesig

結果

Blockchain ウォレットからの送金タイム 21:22

受金時間

1位 mSIGNA(21:22) 取引承認まで 0 分
2位 BitGo(21:23) 取引承認まで 1 分
3位 Circle(22:00) 取引承認まで 38 分(画像
4位 Bitcoin Core  (1 時間経っても取引未承認の為最下位)
bitcoincore-msigna

bitcoin-bitgo-circle

マルチシグの素早い取引承認には感動しました!
なぜマルチシグの方が早いかという技術的な問題は今回はパスさせて頂きますが、マルチシグの場合秘密鍵が複数あり、代行決済式に早く取引完了できます。

今まで使い慣れていた Blockchain ウォレットですが、今後マルチシグ対応ウォレットにシフトしていこうかな、と気付いた実験でした。

マルチシグ対応ウォレット

  • オンライン BitGo
  • オンライン GreenAddress
  • ローカル Copay(P2PKH 方式、承認時間長い)
  • ローカル ARMORY(設定が面倒)
  • ローカル mSIGNA(Bitcoin Core ウォレットと同期必要、設定簡単)

使いやすいのはオンライン系で、個人管理を行いたい場合はローカル系になります。

今回 Copay の承認時間を測定していなかったので、念の為、どれぐらいかかるかテストしてみました。だいたい 30 分から 3 時間 (それ以上の場合も)程度かかりました。同じマルチシグというジャンルでもプログラムの処理内容によって時間差があることがわかります。

お時間ある方は、是非ご自身でも一括送金してみて各ウォレットの承認時間をテストしてみてください。

 

注)ビットコイン・ネットワークの混み具合で、承認時間は変動します。
注)マルチシグ・ウォレットの方が、送金手数料が高い傾向にあります。
注)投稿で使用した mSIGNA でバグが発生しています。(2015.11.20)現在調査中です。詳細

 

ビットコイン・BITCOIN・BTC


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

無料の自動売買ファイル(シストレファイル)が手に入るサイト10選

  仮想通貨 + MT4 + EA の自動売買を検討しているところ、「なんでこんなに自動売買ファイルって多いんだろう」と思いました。 これから自動売買やシストレをはじめる方の参考いなればと思 …

no image

Blockchain.infoで送金手数料を通常の1%にして送金した結果

  最近はビットコインの送金手数料も落ち着きましたが、1ヶ月前は 1回の送金に 4,000円や 5,000円ほどの手数料が必要でした。   ビットコイン・ネットワークの事情はわかる …

比較 – スマホ目線で見たビットコイン・ウォレット(財布) たち

2016 年になって何かと話題のビットコインですが、皆さまビットコインの管理についてはいかがでしょうか? 現在リリースされているビットコイン・ウォレットは無数にあり、多くの方はビットコイン取引所併設の …

no image

中国のICO禁止令について考える

img: coincheck   本日夕方、中国政府からICOに関する政令が出たようです。 仮想通貨メディアをはじめ、CNBCやBloombergといったニュースメディアも本件をピックアップ …

no image

【仮想通貨の教科書】仮想通貨の始め方ービットコインの買い方から増やし方、稼ぎ方まで

こんにちは、数あるブログの中から、当方のブログをチョイスしていただき、ありがとうございます。 最近流行りの「仮想通貨」。CMの数が増えてきたり、メディアが連日取り上げるようになってきて、「ぜひ自分もや …