注目の仮想通貨ENJ(Enjin Coin)とは?初心者にも買いやすいバイナンス銘柄&低単価など材料満載

Binance(バイナンス) アルトコイン(オルトコイン) 仮想通貨 海外取引所

Advertisement

f:id:Virtualcurrency:20180108154542p:plain

ビットコインの勢いも一段落して、アルトコインのターンが再び訪れているような気がしますね。

おそらく、ビットコインが次に吹き出すのは機関投資家が参入したとき。それがいつになるのかは分かりませんが、こういう稼ぎやすい時にビットコインの枚数や保有現金を増やしておきたいところです。

さて、本日はまだまだアマチュアアワーということで、仮想通貨ENJ(Enjin Coin)を紹介したいと思います。

仮想通貨ENJ(Enjin Coin)とは?

f:id:Virtualcurrency:20180108152931p:plain

仮想通貨ENJ(Enjin Coin)は、オンラインゲームコミュニティーを作成する際に使用するコインです。

カスタマイズ可能なので、ユーザーが自身の作りたいコミュニティにあったテイストにすることも可能です。

f:id:Virtualcurrency:20180108153545p:plain

すでに、ギルド、eSportsチーム、Minecraftサーバー、マルチゲーミングコミュニティ、Clans、ロールプレイグループ、ファンサイトなど25万のゲームコミュニティを抱えているので、実需もあり

登録ゲーマー数は1800万人を超えており、設立自体も2009年とこの界隈では老舗と言える安心感ある銘柄です。

仮想通貨ENJ(Enjin Coin)のユーザーは、コミュニティのウェブサイト、フォーラム、ストアを作成し、ゲーム体験をソーシャル化することにより、収益化を図ることが可能です。

また、オンラインゲーマーは、資産をゲームからゲームに持ち運ぶことができるので、プレイしながら実際の価値を持つデジタルウォレットを膨らませることができます。

f:id:Virtualcurrency:20180108153432p:plain

さらに、仮想通貨ENJ(Enjin Coin)はゲーム販売者とゲームソフトメーカーに対しても救いの手となる予感。ゲーム販売者らは不正行為や支払拒否に苦心していますが、ENJ(Enjin Coin)はブロックチェーン技術(Ethereum ネットワーク)で生成されているので、そうした不正を防ぐことが可能です。

成長するゲーム市場

f:id:Virtualcurrency:20180108153052p:plain

世界的に不況が叫ばれる昨今ですが、仮想通貨ENJ(Enjin Coin)が主戦場とするゲーム市場は成長市場です。

同社によれば、世界のゲーム市場は2017年に1,089億米ドル、2020年には1,285億米ドルに達するという爆発的な成長を遂げています。こうした背景からも、ENJ(Enjin Coin)は今後短期的にも長期的にも、ホルダーが増加され、価値上昇が期待されます。

バーチャルグッズ市場も活況

f:id:Virtualcurrency:20180108153318p:plain

また、仮想通貨ENJ(Enjin Coin)を使えばオンラインゲーム内でアイテムや土地を購入することが出来ますが、バーチャルグッズ市場についても活況です。

バーチャルグッズ、広告、およびリード生成オファーは、世界的ソーシャルゲーム市場の主要な収益源ですが、各社が開発を進めていけば、2019年までのグローバルソーシャルゲーム市場全体の価値は174億米ドルに達すると予測されています

このうち、バーチャルグッズセグメントは15.20%もの複合年間成長率で拡大していく可能性が高いとも報告されています。このあたりはゲーマーの方であれば実感があるのではないでしょうか。

仮想通貨ENJ(Enjin Coin)の価格、チャート、将来性

仮想通貨ENJ(Enjin Coin)の1単位あたりの価格は現在約50円。つい先日までは約5円だったのですでに約10倍に達している計算です。

f:id:Virtualcurrency:20180108153841p:plain

直近3ヶ月の価格の伸びはこんな感じ。特に年末年始は伸びましたが、まだ成長のトレンドですので、今月末くらいまでは急速な成長を続けるのではないでしょうか。

f:id:Virtualcurrency:20180108154001p:plain

将来性に関して言えば、先ほどお伝えした通り実需のあるコインであるほか、コミュニティも発展、さらには世界最大級の取引所であるBinanceにも上場を果たしているので、流動性も確保されています。

総合的にみれば、まだ2倍程度は固いのではないかと見ています。

もしよかったらチェックしてみてくださいね!^^

Binance(バイナンス) アルトコイン(オルトコイン) 仮想通貨 海外取引所


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

仮想通貨Bluzelle (BLZ)とは?Binance(バイナンス)取り扱いスタートで将来有望か

Binanceがメンテンナンス中でやることがないので、気になってる銘柄紹介します! 今回のはあんまり書きたくないんですが、もはやTwitterはじめSNSでもちらほら話題になり始めているので、そろそろ …

仮想通貨MANA(Decentraland)は2018年1月に材料満載!新規取引所への上場などイベント情報まとめ

以前、一度仮想通貨MANAを紹介しました。 virtualcurrency.hatenablog.jp 紹介当時は9円程度だったので、現在の価格(約20円)はかなり飛んでしまったような印象もあるのです …

no image

EtherDeltaにフィッシングサイトが出現中!利用者は注意を!!

ども、つーじーです! ICO銘柄が上場前にお安く手に入ることで最近利用者も増えているのであろう海外取引所・EtherDeltaですが、フィッシングサイトが出現していることを確認しました。利用者は注意が …

no image

Rippleの重大発表、今夜2時に発表へ?Swift関連との予想もあるが・・・

ども!つーじーです! Rippleのお祭り騒ぎが一段落しましたが、皆様いかがでしたか? 私はというと、Rippleは静観姿勢で最後の最後に投げ売りが見られそうならちょっとだけ買って賭けてみようと思って …

no image

仮想通貨IXTとは?保険市場に切り込むブロックチェーン技術をチェック

このところ、Binance(バイナンス)銘柄にばかり目を向けていましたが、ちょっと今回はブレイクで・・・。個人的に昔から気に入っている仮想通貨について紹介したいと思います。 仮想通貨は、このところ様々 …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
仮想通貨は自動売買・自動取引

友達追加でお得な情報GET