リスクにはこう対処しろ! 仮想通貨投資に見る投資の鉄則

仮想通貨




Advertisement

今回は、仮想通貨投資に伴うリスクとその対処法を考えてみようと思います。2017年に大きく上昇した仮想通貨ですが、2018年には大きく下落、現在調整が続いています。仮想通貨は極めて将来性のある市場ですが、反面、大きすぎる値動きやハッキングなどのリスクが存在します。そのようなリスクに対処しながら、長期投資で利益を上げる方法を解説したいと思います。仮想通貨におけるリスクマネージメントは、あらゆる投資につながるものだと思います。

仮想通貨投資のいろいろなリスク

仮想通貨のバブル相場が暴落するリスク

仮想通貨市場では2018年現在、すでにバブル相場から暴落するリスクに直面しています。たとえば主力のビットコインを例にとっても、2017年末には240万円まで上昇しましたが、2018年8月時点では70万円台まで大きく下げています。あらゆる新興市場にありがちなことですが、異常に上昇したあとは大暴落するリスクと隣り合わせです。このような下落局面にどう対処するかが重要になります。

対処法

過去の大相場を出した相場を参考にする
高値で持っている買い玉は、損切りか塩漬けかをはっきりと決める
余裕資金を作り大底で買って勝負する

大きく上昇した相場は大きく下げる可能性があります。例えば過去のインターネットバブルの時に、ナスダック指数は大相場を出したあとに崩れました。2017年末の仮想通貨の暴騰とその後の暴落は、ちょうどインターネットバブルのピーク時の、2000年前後のナスダック指数の動きに似ています。

【ナスダック インターネットバブル時】

【仮想通貨の代表格ビットコイン 週足】

期間や値幅の違いはありますが、同じように急上昇と大幅な下落のパターンを描いています。重要なことはどちらの場合でも、高値で買った建玉は損切りか塩漬けを決めてしまうことです。このように巨大な三角形の形を出したバブル相場は、天井まで戻ってくるのはとても時間がかかるので、切ってしまうことが重要です。たとえばビットコインの120万円のような中間あたりで買った場合は、塩漬けを決め込むこともいいでしょう。

そのように高値の買い玉にとらわれない態度で、底値で買うための体勢を作ります。将来性があるものならば、必ずどこかで底を打って大きく反転するので、底値での買いチャンスは残されています。

仮想通貨プロジェクトや仮想通貨取引所のハッキングや閉鎖

仮想通貨につきものなのがハッキングや取引所の閉鎖です。特にハッキングは日本ではコインチェックの事件で大きな話題になりました。

仮想通貨関連のハッキングに対する対処法

ハッキングにはウォレットの使用でセキュリティを高める

取引所はコインチェックのように、取引所の不備でコインが盗まれた場合には投資家に対する補償がされることもあります。しかし、個人がパスワードを盗まれたり、フィッシング詐欺にあった場合は補償されないケースも存在します。とくに外国の取引所だと言葉の壁が障害になって、返金交渉が進まない場合もあります。それゆえ、基本的にウォレットを使って個人資産を防衛することになります。

ウォレットはいろいろなタイプのものがありますが、特殊なUSBメモリのような形をしているものが最もポピュラーです。パソコンの中に直接データをしまうとハッキングされやすいので、パソコンから分離した形でデータを格納することになります。基本的に紙に書いたパスワードと、ウォレットの中のデータを同時に管理します。こうするとハッキングと同時に盗難にでも合わない限り、データを盗まれる心配はありません。もちろんパスワードを記した紙は安全な場所に保管することになります。

取引所に関して言えば国内の取引所を選ぶべきでしょう。海外でしか取引できないコインもありますが、万一の時は言葉の壁で返還手続きが進まないこともあります。

仮想通貨の各コイン上場廃止リスク

仮想通貨は、ある程度名が知れているものだけでも、数百種類以上のコインがあります。その中でも極めてマイナーで、一部のマニアに取引されるものを、俗に「草コイン」といいます。このようなコインは出来高も少なく、人気がなくなると長期にわたって価格も低迷しがちです。

問題なのは取引所によってはいきなり、人気のなくなった草コインを上場廃止にしてしまうことがあることです。告知期間も1~2週間と短い場合が多く、取引の量が少ないと売却できないリスクもあります。

対処法 売買高が少ない草コインなどの仮想通貨には手を出さない

株式市場と違って、上場廃止の基準があいまいなのが仮想通貨です。取引所の裁量で決められることが多いので、もしそれがほかの取引所で扱っていないものだと、売買の手段を奪われて、コインは実質無価値に等しくなってしまいます。2017年のように右肩上がりの相場では、草コインも人気化しましたが、2018年現在では仮想通貨の調整が長引いています。このような環境では名もないコインは余計に低迷してしまうので、よほど将来性のあるものでなければ手を出さないほうが無難でしょう。

もうひとつ気をつけなければならないのは、その仮想通貨を扱っている取引所が複数存在しているかどうかです。もしひとつしかなければ、その取引所が扱いをやめれば、売買の手段がなくなってしまうことになります。仮想通貨は取引所があって初めて価値を持つということを肝に銘じておきましょう。

仮想通貨関連プロジェクトのICOリスク・詐欺コインのリスク

新しく仮想通貨を上場させるICOは、当たれば売り出し手だけでなく投資家にとっても、株式公開のように大きな利益になります。その反面、海のものとも山のものともつかないコインが存在しているのも真実です。

最近(2018年8月時点)、噂になっているのがスピンドルのケースです。いわゆる「ガクトコイン」と呼ばれ、芸能人が広告等となって売り出したのですが、上場後に大幅に値を下げました。プレセール(上場前取引)では30円だったものが、0.4円と100分の1近くまで暴落しています。どうやら胴元は上場直後に売り抜けていたらしいのですが、肝心の会社は日本から撤退。一番泣きを見たのがプレセールで高値でつかまされた投資家でしょう。

ICOは株式で言えばちょうど未公開株に当たり、かなりの安値で手に入れることができるのが利点です。ところが中にはこのように上場後大暴落して、何十分の一になってしまうものも存在します。まさにICOは諸刃の剣といえます。

ICOなど仮想通貨プロジェクトの詐欺案件対処法

ICOの場合、それを売り出す主体をよく調べる。全く名の知らない業者なら手を出さないほうが無難。

サイトでできるだけ優良な情報を集める。特に仮想通貨の権威と言われている人の発言は重要。

ICOはホワイトペーパー(報告書)を出すことが義務付けられています。つまり、事業主体や事業計画を明らかにしなければならないのです。しかしこのホワイトペーパーは英語で書いてあることが多く、読んで理解するのには言葉の壁があります。webの翻訳ソフトを使って最低限の内容をわかっておく必要はありでしょう。仮想通貨のサイトにはICOの特集をしているところもあるので、そういうサイトを調べてできるだけ多くの情報を集めておく必要があります。ICOは取引所に上場した途端に暴落するものも多いので、素早い行動も必要になります。

これはICOではないですが、ライトコインのハードフォークでライトコイン・キャッシュが生まれるときに、ライトコインの生みの親とも言われるチャーリー・リー氏が自分のサイトで、ライトコイン・キャッシュは詐欺コインだ、という主張を繰り返しました。実態がなく開発者だけが利益を得ようとしているのが、見え見えだったようです。実際に、ライトコイン・キャッシュは上場すると、何十分の一に暴落してしまいました。

ネットでの噂は間違ったものもありますが、テレビや新聞が扱わないようなコアなものも多いです。特に仮想通貨に関して言えばネットの情報がほとんどといっていいでしょう。開発に携わっている人たちが、どのような意見を持っているのかを知ることはとても大事です。全体的に前評判が高いコインがあれば、投資してみるもの悪くないと思います。

仮想通貨


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

no image

ビットコインをzaifから送金したのに着金しなくてソワソワしたお話。対処法はあるの?

ども!つーじーです! 先日、ビットコインを送金したのにまったく着金せず、かなりソワソワしました。 同様の悩みを抱える方も多いみたいなので、気づいた対処法なんかを残しておきたいと思います。 アルゴリズム …

no image

仮想通貨「 ETHLend(LEND)」が気になる!単価が安いBinance銘柄は"買い"の法則が通じるか?

ここ最近、全くブログ更新してなかったんですが、前回の更新でTRON(TRX)というコインが気になっているということをお伝えしました。 まさかの2日連続更新です! virtualcurrency.hat …

no image

【暴落こそ買い!】2018年1月の注目仮想通貨ICON(ICX)に控えるイベントをご紹介

さて、1月5日はビットコインの高騰により大荒れの相場となりましたが、皆さん生き残れましたでしょうか。 この世界は暴落こそ買いとよく言ったもので・・・まだ買い控えられているいまこそチャンスな銘柄を紹介し …

no image

Rippleの重大発表、今夜2時に発表へ?Swift関連との予想もあるが・・・

ども!つーじーです! Rippleのお祭り騒ぎが一段落しましたが、皆様いかがでしたか? 私はというと、Rippleは静観姿勢で最後の最後に投げ売りが見られそうならちょっとだけ買って賭けてみようと思って …

no image

EtherDeltaにフィッシングサイトが出現中!利用者は注意を!!

ども、つーじーです! ICO銘柄が上場前にお安く手に入ることで最近利用者も増えているのであろう海外取引所・EtherDeltaですが、フィッシングサイトが出現していることを確認しました。利用者は注意が …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

友達追加でお得な情報GET