ビットコイン・ニュースの見方

ビットコイン・BITCOIN・BTC

no image
Advertisement

img : coincheck

 

昨日9月13日は、ビットコインをはじめ仮想通貨全般が下げましたね。

coincheckのチャットを見ていると、「損した」とか「今買うか迷う」というコメントが多くあります。

ビットコインや仮想通貨をやっている人ができるだけ残念な気持ちにならないように、私流のニュースの見方をご紹介します。

まず本日の下げ要因とも言われる「JPモルガン社CEOの発言」について解説します。

 

JPモルガン社CEOのビットコイン詐欺発言のニュース

ビットコインに売り ダイモンJPモルガンCEO「これは詐欺」発言で 【日本経済新聞】

Jamie Dimon:Bitcoinは「詐欺」です 【CoinDesk

ビットコインは詐欺、取引行えば即解雇する-JPモルガンCEO 【ブルーンバーグ

 

JPモルガン社CEOのビットコイン詐欺発言のニュースと価格

各メディアが取り上げるたびに下げているような印象を受けます。

日本経済新聞のニュース頃に北朝鮮への追加制裁決議も決まりましたよね。

 

JPモルガン社CEOのビットコイン詐欺発言とその後の価格

JPモルガン社CEOのビットコイン詐欺発言は過去3回行われており、発言と価格の相関をレポートした記事もあります。

参考:QUARTZ

こちらの記事によると、JPモルガンCEOが発言したあと 1年後には約2倍になっている、とレポート。

この記事を読むと投げ売り、損切りしようと思っていた方は思いとどまると思います。

 

今回の下げは本当に JPモルガン社CEOが原因?

そして今回の下げは本当に JPモルガン社CEOの発言が原因だったのか? と考えさせる記事もあります。

それは中国のビットコイン取引所 Bitkan (https://bitkan.com)が、9月16日から店頭でのビットコイン交換業務を中断する、という報道です(South China Morning Post)。

現在中国政府による規制強化で市場が敏感になっている中でのニュースで、この業務停止が波及するかどうか、リスク材料になりますよね。

 

今回のニュースを考察

国内のメディアだけを見ていますと、今回の下げは JPモルガン社CEOによる影響、と直感的に思いますが、すこし視野を広げると「中国のBitkanの影響?」とか「やっぱりチャート的に上昇トレンド割ってたもんな」「北朝鮮の制裁決議も朝方されたもんな」と下げ要因を思いつくと思います。

その結果、下げから反転して上昇するのか、しばらくこのまま下げるのか、推測できるのではないでしょうか。

つまりビットコインのニュースについては日本語メディアだけでなく、英語や中国語のニュースと合わせて見ることをおすすめします。

参考:ニュースをまとめたページ

 

まとめ

私は9月9日に”これから下げる”と判断し*、ビットコインは売っていました。

ビットコインは少しづつブロックと信頼を積み上げていますが、社会的信用がまだ弱いため、ちょっとしたニュースで価格が乱高下します。
基本的には上昇すると思いますので、パニック売りだけはしないように日頃からビットコインの情報をキャッチしていきたいですね。

 

ビットコイン・BITCOIN・BTC


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

no image

仮想通貨収入の確定申告をやってみた結果

  2017年は仮想通貨で収入が発生したため、確定申告の項目に「仮想通貨関連」も追加。 実際に作業してみると、すごく大変で、ムチャクチャ面倒くさいことが判明。 世間で言っている、報じられてい …

【BitMEXをSierra Chartで使うシリーズ④】終了と再起動

  【BitMEXをSierra Chartで使うシリーズ】 の最終となる「終了と再起動」方法についてご案内します。 【BitMEXをSierra Chartで使うシリーズ①】概要とインスト …

SimpleFXからの出金方法

  SimpleFXからの出金方法について問い合わせがありましたので、ここに記録します。 コンテンツ目次1 はじめて出金する場合の手続き時間 約 30分2 ①SimpleFXの口座確認3 ② …

娯楽 – 世界初のビットコインが使えるバイナリーオプション OptionYes を試してみた結果

世界初となるビットコイン入出金可能のバイナリーオプション OptionYes を試して、気付いた点・注意した方がいい点がありましたのでレポートします。       コンテ …

no image

NEOとは

2017年ビットコインが上昇した原因を整理する中で『NEO』という中国版イーサリアムの存在を知りました。 数ある仮想通貨の中で『NEO』がひっかかり、興味がわき、調べた結果をここに残します。 &nbs …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!