チャート上昇率から見る2018年仮想通貨のおすすめ銘柄ランキング!

アルトコイン(オルトコイン)




Advertisement

今回は、仮想通貨の価格上昇率、下落率をランキング形式でお届けします。2017年から2018年の客観的な値動きを比較することで、今後大きく上昇する銘柄を見つけやすくなるでしょう!

仮想通貨といえばビットコインに注目する人が多いですが、ビットコイン以外のアルトコインの中にももの凄い上昇をした銘柄はたくさんあります。

ただし、「上昇したから良い」、「下落したから悪い」ということでもありませんので、最後の分析項目もぜひともご参考にしてみてください!

 

値上がり率・値下がり率の対象期間について

仮想通貨の価格上昇率、そして価格下落率についてランキングを紹介していきます。

その前に、まずはデータを抽出する期間を決めておきましょう。抽出範囲が通貨によってバラバラでは、結果に偏りが生まれる可能性があります。

今回は、2017年1月を起点に2018年2月までの範囲で統計をとりました。

2017年といえばビットコインを始め、ビットコイン以外のアルトコインの注目度も高まった時期です。大きな上昇を見せるコインもあれば、中には一度も注目されない通貨も多々ありました。

そして、2018年に入ると仮想通貨は軒並み大暴落。

こうした2017年から2018年の変革期の動きを参考にすることで、「各銘柄のこれからの値動き」を正確に予測することもできるでしょう。

それでは、以下より値上がり率、値下がり率のランキングを発表していきます。最後に、2018年以降に成長が予想できる通貨も紹介しておりますので、ぜひともご参考にしてみてください。

ビットコイン・アルトコインの上昇率ランキング

ビットコインとアルトコインの上昇率をランキングで比較してみましょう。ちなみに、表は「主要コイン」と「マイナーコイン」の2種類に分かれています。

ぜひとも2つのランキング表自体も比較してみてください。いかにマイナーコインの上昇率が凄まじいかが分かります。

ビットコインなど主要コインの上昇率ランキング

順位通貨名称通貨単位最安値

(米ドル)

最高値

(米ドル)

上昇率
1位ネオ

(NEO)

NEO0.144570.9949140%

(491.4倍)

2位リップル

(Ripple)

XRP0.00652.1432810%

(328.1倍)

3位ネム

(NEM)

XEM0.00370.930425310%

(253.1倍)

4位ステラ

(Stellar)

XLM0.00250.449218230%

(182.3倍)

5位リスク

(Lisk)

LSK0.144419.1813290%

(132.9倍)

マイナーコインの上昇率ランキング

順位通貨名称通貨単位最安値

(米ドル)

最高値

(米ドル)

上昇率
1位リピオ

(Ripio)

RCN0.000030.5251750000%

(17500倍)

2位ボーンズコイン

(Bonescoin)

BON0.000182.321288888%

(12888倍)

3位ビットコア

(Bitcore)

BTX0.009738.84400412%

(4004倍)

マイナーコイン最大の伸び率は17500倍!

リップルやネムなど主要通貨と比べるとマイナー通貨の上昇率はけた違いです。

銀行を中継せず、個人同士の融資をブロックチェーンで実現するリピオという仮想通貨は、なんと1年も経たずに17,000を超える倍率をたたき出しています。

こうしたマイナー通貨の多くは2017年にICOによって生まれました。ICOとは、仮想通貨を発行して事業者が資金を集めることです。

2017年はICOブームで、多くの投資家が新興コインに注目していました。2018年になっても、市場には続々と新通貨が生まれており、まだまだ上昇率の高い銘柄を見つけられるチャンスはあるでしょう。

ビットコインは14.1倍の伸び率

気になるビットコインはどうでしょう?

2017年1月から2018年2月までの伸び率を見ると、ビットコインの伸び率は1410%(14.1倍)にとどまっています。主要通貨の中では16位です。

ただ、数年前には1万円程度だったビットコインも、一時は200万円近くまで上昇したこともあり、長期間での伸び率は非常に高い傾向にあります。

ビットコイン・アルトコインの下落率ランキング

仮想通貨の上昇率ランキングを発表しましたが、今度は反対に最も下落した通貨は何だったのでしょう?

2017年は上昇の勢いに乗る銘柄が多かったものの、2018年1月を境に暴落する通貨が後を絶ちません。ほんの1~2ヶ月の内に、どれほど価格が下落したのか探ることで、今後の銘柄選びの参考になるでしょう。

ここでは主要コイン(比較的メジャー)を中心に「暴落率」をランキングしました。

順位通貨名称通貨単位最高値

(米ドル)

最安値

(米ドル)

下落率
1位トロン

(TRON)

TRX2.610.27-89.6%

(約10分の1)

2位ビットコインゴールド

(BitcoinGold)

BTG516.678.3-85.8%

(約7分の1)

3位クアンタム

(Qtum)

QTUM113.318.1-85%

(約7分の1)

4位リップル

(Ripple)

XRP3.840.66-82.9%

(約6分の1)

5位ネム

(NEM)

XEM2.110.39-81.6%

(約6分の1)

リップルは上昇率ランキングと下落率ランキングどちらにも

リップルに関しては、上昇率ランキングと下落率ランキングどちらにも入っています。それだけ変動率の高い仮想通貨だということが分かります。ネムもそうです。

ただし、リップルやネムは、仮想通貨投資をしている方のほとんどに認知があり、それだけ注目されているとも捉えられます。小さなニュースや出来事で一喜一憂する人が多いということでしょう。

上昇に比べると下落率は低め?

主要通貨の上昇率と下落率を比較してみると、価格が上がった時に比べ、価格が下がった時の方が数字が低いということです。

特に2018年になってからは、仮想通貨市場で「大暴落!」などというニュースがよく流れますが、それまでの上昇の勢いに比べると小幅だということが分かります。表をよく比較することで冷静な判断をすることができるはずです。

今後も上昇しそうな仮想通貨はどれ?

ランキング表を参考にすると、まず「短期売買」に向くか、「長期保有」に向く銘柄かが分かります。

たとえば、リップルやネムの場合は人気があるがゆえに小さなニュースでも激しく価格が動くため、短期間での売買にはリスクが大きすぎます。そこで長期保有に思考を巡らせてみましょう。

長期間の保有には時間的リスクが高まるため、その通貨の将来性や事業性をしっかりと見極める必要があります。

そこで、リップルとネムについて簡単に紹介します。

将来性のあるリップルの上昇率は?

国際送金を仮想通貨を使って行おうとするビジネスを展開中です。既に世界100機関以上の銀行と手を結び、国際送金ネットワークを構築。

将来性のあるねネムの上昇率は?

ビットコインとイーサリアムの良い部分だけを組み合わせた仮想通貨として人気です。2018年中に行われるシステムアップデートで、クレジットカード並みの処理速度を持つ仮想通貨へ。ビットコインを凌ぐ決済通貨となる可能性も。

リップルやネムは、その事業の健全性から将来性の高さが伺えます。下落率も大きいものの、1年間の上昇率も非常に高いことから長期投資で大きな利益を狙えるチャンスもあるでしょう。

仮想通貨ネオは、上昇率1位だったものの投資に値するかといえば疑問が残ります。ネオもネムと同様、ビットコインとイーサリアムの良いシステム面を結合して生まれました。しかし、特定の使い道があるかといえば特にはなく、「何のために存在する仮想通貨なのか」という面がはっきりと分かりません。

その意味ではネオは、今のところは短期間に安定した利益になる仮想通貨と分類できます。

反対に、下落率1位のトロン通貨は危険ではなく、むしろチャンスかもしれません。トロンには、「クリエイターがデジタル資産の公開やその配信に自由に使える」という独自のビジネスモデル(使い道)があるからです。

2018年の下落が大きかった理由は、メインネットへの移行など大幅なシステム改変が見込まれていたからでしょう。そうしたアップデートが終了することで、2019年、2020年とまだまだ成長する余地があるかもしれません。

仮想通貨上昇率ランキングのまとめ

今回は、仮想通貨ランキングとして、通貨の上昇率、下落率を比較してきました。

仮想通貨の種類は既に1,000を超える種類があり、なかなか簡単に銘柄選びができる状況ではありません。そのため、今回紹介したような客観的なデータを利用して、今後の通貨の将来性を考えてみてはいかがでしょうか?

アルトコイン(オルトコイン)


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

no image

【次のVerge(XVG)?】仮想通貨「 VEN(VET/VeChain)」とは?どこの取引所で買える?将来の価値は?

さて、次なるVerge(XVG)を探す旅もかなりシリーズ化してきました。 これまで紹介したのは、「TRON(TRX)」「ETHLend(LEND)」「Shield(XSH)」です。それぞれの特徴につい …

仮想通貨の草コインとは?!Vergeを例に相場ポテンシャルを公開!

  コンテンツ目次1 仮想通貨の種類2 草コインとは3 「Verge」という仮想通貨3.1 「Verge」の特長 - 取引データの非公開化3.2 「Verge」の特長 - 高速な送金スピード …

no image

仮想通貨ADA(Cardano)に新規取引所上場の噂!実現すれば7200satoshi超えの価格も

ちょっと今日は速報目の記事を。 みなさん、すでに仮想通貨ADA(Cardano)については概ねご理解いただいているかもしれませんが、どうやら新規取引所への上場の噂が出ているようです。新年早々、ホルダー …

no image

価値が急騰!仮想通貨「Triggers(TRIG)」とは?

ここ数日、草コインの価値が急騰しているニュースを複数お伝えしていますが、またも爆発した通貨が生まれました。 その名は「Triggers(TRIG)」。正直、以前から気になっていた方も多いかと思いますが …

no image

【次のXVG?】仮想通貨「Shield(XSH)」とは?どこの取引所で購入できる?

仮想通貨「Verge(XVG)」の価値が急騰したことで、皆さんの中には次のVerge(XVG)がどの仮想通貨なのかを探る動きが出始めています。 筆頭候補とも言える存在は、以前、ブログでも紹介した「TR …

まだデータがありません。

スポンサードリンク

CoinTraderに新規登録!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

友達追加でお得な情報GET