【Ubuntuの初期設定】VirtualBox、デュアルブートなど

ニュース・雑記

no image




Advertisement
2週間ほど前にパソコンを入れ替えたものの、思うようにいかず苦労しましたのでここに記録します。
ちなみに私はパソコンのシステム知識なく、Ubuntu歴 1年のペーペーです。
 

新しいパソコンでやりたかったこと

  • VirtualBox環境下でWindowsやMacのテスト利用
  • 容量の大きいPC環境下でプログラミング
  • 今までどおりの画像編集や動画編集など

 

はまって解決できたこと

VirtualBoxのインストール

普通にUbuntu16.04LTS をセットアップして、Ubuntu Software からVirtualBoxをインストール。
エラーが出て起動できない。
いろいろ調べまくって、いろいろ作業してみた。
結果、カーネルやヘッダーなどシステム的なところまで変更し、エラーが多発、起動も遅くなった。

やったこと

Ubuntu16.04 に以下の内容を実行
  • VirtualBox 5.0.4 debファイル起動、失敗
    sudo apt-get remove –purge virtualbox-5.0 で削除
  • VirtualBox 5.0.40 debファイル起動、失敗
  • VirtualBox 5.1.26 debファイルの起動、失敗
  • ターミナルから sudo apt install virtualbox-qt 失敗

Ubuntu14.04.5 LTS、 Lubuntu でも上記と同じパターンを実行、すべて失敗。
Mint アプリセンターから VirtualBox インストールできたものの、起動時にエラー。

【MintにVirtualBoxをインストールした際の参考ページ】
https://www.pcsteps.com/184-install-virtualbox-linux-mint-ubuntu/

結局どれもだめで、ダメ元でPC起動時に F2 を押して、Boostのセキュリティーを DISABLE(無効)に変更。
すると Ubuntu16.04 で アプリセンターから VirtualBox をインストールできました。
その後、再起動時に Boost セキュリティーを ENABLE(有効)にすると、起動しませんでした。
結果、Boostのセキュリティーを外して、Ubuntu 16.04 LTS に VirtualBox 5.0.40(Ubuntu Software経由)をインストール。
 
 

VirtualBoxへのWindows10のインストール

なぜか Microsoft 公式ページからダウンロードしたWIndows10の iso ファイルではVirtualBoxがisoファイルを読み込んでくれません。
Windowsのロゴマークが画面に出たままで、インストールのステップに進まないのです。

【ダメだったWindows10のisoファイル】 Win10_1703_Japanese_x64.iso
【VirtualBoxのバージョン】 VirtualBox 5.0.40

前のPCで使用していた古いバージョンの iso ファイルを使ってみると読み込みました。
おそらく VirtualBox 側との相性があるのでしょうか?
 
【読み込んだisoファイル】 Win10_1607_Japanese_x64.iso
 
尚、本過程においてUSBを使ってisoファイルをコピペしたりしましたが、大容量のファイルをUSBでUbuntuPCに読み込む場合、専用ソフトが必要です。
【参考記事】 http://yaplog.jp/squirrel_cage/archive/678
 
上記と同じ設定で Mac OS Sierra のインストールもできました。
Ubuntu 16.04 LTS に VirtualBox 5.0.40(Ubuntu Software経由)
【Mac OS Sierra インストール参考動画】 https://www.youtube.com/watch?v=pVc6rxk3OUM

やはり5年前のPCに比べると激速で、VirtualBox内でもストレスをほとんど感じません。
パソコンを新しくしてよかったと感じました。

 

 

デュアルブート

今回OSなしのPCを買ってUbuntuをインストールしました。
ハードディスクを分割し、複数のOS(ディストリビューション)をインストールできることがわかったのですが、あとでハードディスクの領域分割を行うと起動が遅くなったり、エラーの原因に。
私の場合は、メインハードディスクに Ubuntu、サブハードを2分割し、Mintをインストールしましたが、これでは最初にインストールした Ubuntu を起動した時、Boostの設定がOS側とBIOS側で異なるようで、起動に3分ほど時間がかかりました。
 
起動時間がわかるコマンド  systemd-analyze blame  を実行しても起動アプリの所要時間がわかるだけで、BIOS側とOS側のBoostエラーはわかりませんでした。
コマンド  sudo blkid  を実行するとハードディスクの割当を確認できます。
これが Ubuntu インストール時に確認できるハードディスクの割当と違いました。
 
 
この問題は、もう一度メインハードディスクにUbuntuをインストールすることで解決できました。
(インストール作業の中で、ディスク内をすべて削除し、Ubuntuをインストール)

 

Google Chrome

Chromeの公式ページから .deb ファイルをダウンロードしただけでは Chrome は起動しませんでした。
エラー無しで実行できた方法は、
  1. Chromium のインストール(Ubuntu Softwareから)
  2. Chrome公式ページから .debファイルをダウンロードして、Chrome の .deb ファイルの実行
  3.  .deb ファイルのあるフォルダで「右クリック→端末で開く」
  4. 端末に入力するコード  sudo dpkg -i Chromeのファイル名.deb
すると libappindicator1 が足りないとのこと
 
sudo apt-get install libappindicator1
 
もう一度 sudo dpkg -i Chromeのファイル名.deb でインストールが完了します。
あとはChromeにログインするとブックマークやパスワードなど自動で同期してくれます。

 

日本語の文字入力

デフォルトAppのテキストエディタは問題ないのですが、Visual Studio Code や BoostNoteで日本語を入力すると、変換候補が入力中の文字の上にラップして表示。
これでは今何をタイプしているのかわかりません。
いろいろ調べた結果、 Mozc の設定で解決できました。

 

画面左上の Ubuntuロゴをクリックして mozc を入力し、「Mozcの設定」を起動
タブ欄の「サジェスト」をクリックして、すべてのチェックを外します。
すると文字を入力しても変換候補が自動で表示されずにスムーズに文字入力できます。

またUbuntuを使っていて、困ったこと・解決できたことがあれば情報アップしていきたいと思います。

時間があれば BIOSやBoostのことなど学びたいものです。。。

 

ニュース・雑記


この記事に対するコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

no image

2018年2月に控える仮想通貨の注目イベント一覧

2018年1月、早くも三分の一が過ぎました。そろそろ2月の仕込みを開始しようという方も多いのではないでしょうか。 今回は、個人的に注目している2018年2月の仮想通貨イベントを一覧にしてお伝えしたいと …

シャープ 扇風機 PJ-B3CXH 不具合対策

2015年夏にシャープ扇風機 PJ-B3CXH が破損し、メーカーとやり取りをした結果、現行タイプと本体入れ替え(無償交換)になった経緯をメモします。 同機種をお使いの方にご参照頂ければ幸いです。 シ …

no image

Webページの読み込みが早くなる方法【Puffin Browser】

  ここ数日間、モバイルから BitMEX(トレードサイト) に繋がりにくいです。 毎度毎度イラッとしますので、何か打開策はないかと検討。   Android用の App はないか …

no image

変わりゆく資本主義

2014年 中国がはじめてGDP世界一になりました。(PPP換算値/現地物価換算) おめでとうございます。 中国は共産主義国になります。   また下記資料より従来型の資本主義から、ソーシャル …

no image

【仮想通貨ニュース】ビットコイン下落は韓国が原因?本人確認の厳格化による狼狽売りとの報告

ここ数日、ビットコイン価格の乱高下が続いていますが、その原因は韓国におけるビットコインに対する市民の誤解等があります。 今回、韓国におけるビットコインの現況をまとめてみましたのでご参照ください。 アル …