Webページの読み込みが早くなる方法【Puffin Browser】

 

ここ数日間、モバイルから BitMEX(トレードサイト) に繋がりにくいです。

毎度毎度イラッとしますので、何か打開策はないかと検討。

 

  • Android用の App はないかな。。。
     
  • SierraChart や Ninja Trader で常時接続させてリモートコントロールがいいのかな。。。
     
  • そういえば最近ブラウザの開発状況ってどうなんだろう。。。

ということで、 「 fatest android browser 」 と検索したら、有力なベンチマークを発見。

 

 

なんと普段使っている Chrome が最遅!

最速の Puffin は、Chrome の 1/8 のスピードで読み込み。

実際インストールして使ってみると、ビックリするぐらい読み込みが早くなります。

Webの探索には、 Puffin オススメします。

 

 

Puffin Browser

 

■対象■

Windows、 Android、 iOS

 

■公式サイト■

https://www.puffinbrowser.com/

 

■メリット■

  • はやい
  • シンプル
  • Flash Player は標準搭載
  • 楽しくなる

 

■デメリット■

  • 音声入力できない
  • PC と スマホ で履歴やブックマーク同期できない
  • コードを検証するデベロッパーツールはない
  • 画面の切り抜きなどの拡張機能は非対応 など

 

■はやい理由■

通常のWebページの読み込み処理は以下のような感じです。

 

img : Tech2GO

 

 

Puffin の場合は、こんな感じです。

 

普通は、ブラウザから DNSサーバーや Webサーバーにアクセスしますが、Puffin は一旦 Puffin のクラウドサーバーにアクセス。その後 Webページの読み込み処理が行われます。

この一枚間をかむというか、ページ読み込みを手伝ってくれるというか、、とりあえずこの工程によって暗号処理やセキュリティチェック、ファイルの圧縮などが行えて「安全」かつ「はやく」なるというわけです。

Puffin のクラウドサーバーで具体的にナニが行われているかは分かりませんが、ユーザー目線で考えると悪いことはなさそうです。

とりあえず試してみることをオススメします。

 

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo