SimpleFXでの買い方・売り方

 

『Simple』というネーミングにも関わらず、若干注文の出し方がわかりづらいようなので、ここに買い方と売り方(決済)を記録します。

 

SimpleFX で取引をはじめる前に

売り買いをする前に、まず SimpleFX のプラットフォームでは『成行注文』と『指し値注文(IFO)』の 2種類しか注文方法がありません。

 【指し値注文のIFOについて】
ポジションを取る価格を設定し、ポジションとった後の利確値と損切り値を予め決めて注文

 

また SimpleFX に慣れないうちは、デモアカウントで取引することをオススメします。

デモアカウントは、画面上部の LIVE ・・・・ の部分をクリックして、ゲームマークのアカウントを選択します。

デモアカウントがない場合は、右下の Add をクリックして追加作業をします。

 


SimpleFXで成行注文をだす

まずは分かりやすい 成行注文を出してみます。

SimpleFXトップ画面のメニューバーから『売買の障壁』を選択。

不要なチャートが表示されたら ☓ をクリック。

 

画面をクリックして、お目当ての銘柄を選択もしくは入力。

 

すると、とりあえずのチャートが表示。

 

見やすいチャートに変更して、チャート左の『ワンクリック注文』を にしておきます。

あとはチャートに表示されている 『BUY』『SELL』をクリックすると、注文完了。

約定できた注文は、チャート下に表示。

ポジションを閉じたいときは、ホールドしているポジションの右にある ☓ をクリックすると約定されます。

(注意) SimpleFX では両建てができません。例えば、ショートでポジションを持っていて、同じ銘柄に買い注文を入れると相殺されます。

 


SimpleFXで指値注文をだす

SimpleFXの指値注文は、利確と損切りも合わせて発注する IFO注文 になります。

まずは成行注文と同じで、SimpleFXトップ画面のメニューから『売買の障壁』を選択。

次に画面左下の 指値 タブをクリック。

すると注文票が表示され、必要事項を入力。

 

これで指値注文完了です。

 


過去の注文履歴をみる

儲かったかな、損しているのかな、過去の注文履歴は、メニューから『売買の障壁』を選択した後に、画面左下の『決済済』をクリック。

昔の履歴を確認する場合は、決済済 の右にある カレンダーマーク をクリック。

 


注意点

SimpleFXはスマホでも操作可能ですが、間違ったところをタップして、いきなりポジションをもったり、決済してしまったりすることもあるので、まずはパソコンから操作することをオススメします。

またスマホでトレードする場合は、『ワンクリック注文』を にしておいた方が安全です。

若干スプレッドの大きいトレードプラットフォームですが、ビットコインでハイレバレッジならSimpleFXでしょうかね。

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo