VirWox – 取引所

VirWoxは、2007年からリンデンドル(SLL)※やドルの交換を行っている取引所になります。ユーザー数 30万以上 (2015.1.10) の世界有数の仮想通貨交換所になります。 ビットコインの交換は、2011年4月から運営を行っています。

virwox@top

【メリット】

  • ビットコイン購入までの手続きが簡単
  • クレジットカードでビットコインを購入できる
  • ビットコインのアドレスも手に入る
  • 市場価格で購入できる(相場連動はbitstamp、自己調査)
  • ビットコインの売却も可能 ・身分証明の提出なし

 

【デメリット】

  • リンデンドル経由でビットコインを購入するために手数料が高くなる
  • ビットコイン決済は、人の手で行われているために決済時間がかかる(目安48時間以内)
  • ビットコインの現金化には、paypal口座が必要
  • 換金する金額に上限が設定されている

 

virwoxvirwoxnew

 

 


 

 

【取引手数料の概算式】
※手数料の目安です。
正式な手数料とは異なる場合があります。 円からビットコインに交換するまでに約15~18%の手数料が発生します。
逆にビットコインから円に交換するまでにも同等の手数料が発生します。 ビットコインを購入して、値上がり幅の利益を求める場合は、円やドルで投資できる「eToro」や「トレードラッシュ」「Cloudhashing」「株式関連銘柄」に投資する方が効率的です。 それでもビットコインを手に入れたい方には、多少高い手数料を支払って購入する必要があります。

計算式
{元金(ドル)×0.915 – 1 }× 0.92 / bitcoin 価格 = 手に入るビットコインの量
(例)50ドルを入金すると、ビットコイン価格580ドルで約0.071BTCが手に入ります。
そこからビットコインを自分の財布や投資先に移動させると、0.002BTCの手数料が発生します。 結果、50ドルの資金で0.069BTCが手に入りますが、1BTCを724ドルで購入した計算になります。市場価格より2割強高値での購入となります。 ビットコインを円に換金する時も、高い比率の手数料が発生します。また円を手に入れようと思うと、VirWoxからペイパルにドルを出金して、PayPalから自分の銀行口座に入金する必要があります。
ペイパルからの出金には300円から550円の手数料が発生します。 これらの事から、むやみに換金を行うのではなく、目的を明確にして換金しないと損をしてしまうので注意が必要です。 ※リンデンドルは、オンライン上の世界「セカンドライフ」で主に使用されている通貨です。

 日本円でビットコインを手に入れるまでの流れと、ビットコインを日本円に交換する方法の画像です。
交換ルートは、円 → ドル → リンデンドル → ビットコイン。
ビットコインを円に戻す場合も同様の流れになります。

 

【VirWoxの運用状況】2014.2.1

 

virwoxvirwoxnew

 

 

 


 

 

【登録の流れ】


ビザ、マスター、JCB、アメリカンエクスプレスから選択


出金手続きが完了するとメールが届きます。

送金先のアドレスにビットコインが入っています。

手に入れたビットコインで、さっそくマイニングの権利を購入(CEX.io



virwoxvirwoxnew

 

 

 


 

 

【出金】


上のビットコインアドレスに入金。その後、ビットコインをリンデンドルに交換、リンデンドルをドルに交換。PayPalで出金

PayPal口座入金後は、PayPalで指定の銀行口座に日本円を入金できます。

VirWox 手数料一覧

virwox@rate2

virwox@rate

 

virwoxvirwoxnew