仮想通貨って?

仮想通貨という言葉は、2013年ごろから新聞やテレビで用いられるようになりました。
インターネットで“仮想通貨”と検索しても、その意味は明確に示されていません。 ウィキペディア(wikipedia)で“仮想通貨”と検索すると「電子マネー」の説明文に転送されます。(2014年1月時点)
それでは仮想通貨の正体とは、一体何なのでしょうか? そもそも仮想通貨という言葉が登場した背景には、「ビットコイン」が関係しています。

ビットコインは、2009年に開発された新しい通貨で、2010年ごろから流通しています。 通貨の流通というと、特定の国や地域での広がりをイメージしますが、ビットコインは違います。 インターネット上で世界中に流通するようになりました。(2014年春ごろからリップル・ネットワークも国内で注目されています。)

bitcoinfollow

その結果、急速な拡大と不安定国家からの高い需要により、1ビットコインあたりの価格は急速に上昇していきました。 2009年の流通当時は1ビットコイン1セント(1円)以下でした。 2013年12月には1ビットコインあたり約100,000円をつけました。 通貨の登場から4年ほどで10万倍に価値が上昇しました。 その変化に気付いた人たちは、謎の多いビットコインの事を「仮想通貨ビットコイン」と呼ぶようになりました。 “仮想”という言葉は、なにかハッキリしなくて、あいまいなイメージ、非現実的なイメージが湧いてきます。 英語ではビットコインの事を、“Cryptocurrency Bitcoin”と表現されています。
cryptoは「暗号」、currencyは「通貨」という意味で、“Cryptocurrency Bitcoin”は「暗号通貨ビットコイン」と訳せます。 ビットコインのお金のやり取りには、高度な暗号技術が利用されています。そこから“暗号”という言葉用いられました。 いかがですか?「暗号通貨」と「仮想通貨」から受けるイメージは。
2014年末時点、日本ではビットコインなどの仮想通貨、暗号通貨を「価値記録」という名称で法的に取り扱うことを検討しています。一般社団法人 日本価値記録事業者協会 がけん引しています。

2014年10月末時点で暗号通貨は、1,000種類以上流通しています。

kind of cryptocurrency2014 Crypto Coin Table より引用
ビットコインを筆頭に、ライトコインやドッグコイン、モナコインなどで、このサイトを見ている間にもドンドン新しい通貨は作成されています。 それは、わたし達でも新しい暗号通貨を作ることができるからです。1サクラ」とか「1梅干し」とかユニークで、お金の価値や社会観が変わっちゃいますね。 こんな風に仮想通貨は、人々の希望や期待を背景に広がっている一面もあります。
オリジナルの仮想通貨作成に興味のある方は、以下サイトをご参考ください。