coincheck と BitMEX の違い

ビットコインの認知度向上に合わせて、ビットコイン・トレードに挑戦しようとしている方も多いです。

国内の主要取引所である coincheck と 海外のハイレバ系取引所で有名な BitMEX を比較してみました。

トレードをはじめる前にチェックしておくと良さそうですね。

  coincheck BitMEX
トレード画面 パソコン OK!
スマホ ☓
パソコン OK!
スマホ OK!
入金 基本シングルシグ
1時間ぐらいかかることも
マルチシグ
通常数分
使用通貨 日本円 ビットコイン
最大レバレッジ × 5 × 100
対象通貨ペア ビットコイン/日本円のみ ビットコイン/ドル
イーサリアム/ビットコイン
リップル/ビットコイン など
出金手数料 400円 0.003 BTC(約1300円)
市場の出来高 6万 ビットコイン/日 ほど* 10万 ビットコイン/日 ほど*
トレード手数料 無料(キャンペーン中、終了未定) 成り行き注文(Taker Fee) 0.075%
指し値注文(Maker Fee) -0.025%
ロスカット、追証 証拠金維持率の 50.0 % 以下で施行
追証なし
ロスカット値は、レバレッジによって自動計算
追証なし
個人情報 身分証の提示、住所確認等個人情報の提示必要 メールアドレスとビットコインアドレスのみ

 

■補足■

  • トレード画面について
    coincheck

       
    BitMEXのトレード画面

      
  • 手数料について
    BitMEXは、「今すぐ約定したい」「ポジションを持ちたい」と思って注文を出し、ポジションを持つと手数料が発生します。
    この手数料は、レバレッジを利かした運用額をベースに換算されますので、割と高くつきます。
    逆に、指し値で注文を出していた場合は、マーケットに貢献しているとみなされて手数料を受け取ることができます。
    トレード方法によっては、手数料で利益を押し上げることも期待できるでしょう。

    img : BitMEX

        
  • coincheck のロスカットについて
    coincheckのロスカットは、証拠金維持率の 50.0 % 以下で施行。
    資産の半分以上の含み損が生じた場合にロスカットされます。
    【以下計算式 via coincheck
     証拠金維持率は、以下の計算式で計算されます。
     証拠金維持率 = 純資産 / ((ポジション相当額 + 未約定の注文金額) / レバレッジ倍率)
     純資産 = 証拠金 + ポジションの含み益
     ポジション相当額 = 保有しているポジション相当額
     未約定の注文金額 = 約定していない新規注文の金額(例 50000 BTC/JPY で 3BTC 注文の場合は 150,000JPY)
      
    ちょっと難しくて正しく計算できているか自信ないです。。。
      
  • BitMEXのロスカットについて
    BitMEXは、ロスカットが自動的に算出されて、ロックされます。
    このロスカット価格は、かけているレバレッジによって変わり、100倍にすると10ドル程度の変化でロスカットが自動施行されます。
    レバレッジ50倍で大体 60ドル、10倍で 450ドルぐらいの値幅が許容されます。
    荒れている相場では一瞬で 10ドルぐらい乱高下するので、自分の意志とは関係なくロスカット招いてしまうかもしれません。
    しかし、なかなかロスカットできずに損を膨らますタイプの方には、この自動ロスカット機能は便利に働いてくれます。
    BitMEXの場合は、シュミレーション機能があるのでポジションを取る前にどれぐらいでロスカットが入るか事前に把握することができます。 (参考記事) 

 

 

coincheck でトレード!

 

BitMEX でトレード!

 

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo