BitMEXをはじめる時におさえておきたいポイント

 

せっかく手に入れたビットコインを、一瞬で失くしたくありませんよね。

ハイレバレッジ・トレードで定評のある BitMEX で大事な資金をなくさないために、成功するためにおさえておきたいポイントをご紹介します。

トレードの参考にして頂ければ幸いです。

 

ポイント① 方向性

これから上げるのか、下げるのか方向性を掴んでおくことは重要な要素でしょう。

絶対ではありませんが、私は以下のポイントで方向性を掴んでいます。

  1. Cost (下記図①)
  2. 先物指数 (下記図②)
  3. スワップポイント (下記図③)

① Costについて

まず BitMEX の場合、ユーザーの需要に応じて取引コストが変わります。

同じ 数量 200 でも「買い」と「売り」では、Cost が違います。

この場合は、買いの方が需要が厚く、上げる予感? ということですね。

尚、この Cost は変動し、分かりにくい時は数量を 100000 など大きくすると差がでるかもしれません。

 

② 先物指数について

先物の方が高値であれば上げる可能性がありますし、低い値であれば下げる可能性があります。

現在値と合わせてチェックしたいですね。

 

③ スワップポイントについて

BitMEX は、8時間毎にスワップポイントが加算されて、画面上には次に加算されるレートが表示されています。

0.375% であればビットコインの需要が強く、上げそうな気配がしますし、 – 0.200% などマイナスであれば需要が低く下げる気配となります。

表示レートにマウスオンすると、次のレート予想も表示されますので方向性をつかむのにはいいと思いますよ。

 

上記の 3要素プラス、チャート分析やイベント分析(分岐、ソフト更新など)、オーダー分析をすると大まかな方向性はつかめると思います。

特に短期トレード(1時間以内のクロージング)では オーダーブック の分析が重要となりますね。

次に オーダーブック の見方をご紹介します。

 

 

ポイント② BitMEX のオーダーブック

出来高世界一を誇る BitMEX のオーダーブックは激しいです。

最初の内は「チカチカ」するオーダーブックに翻弄されて、混乱的な注文を出すこともありますが、基本的には 30分ほど様子をみてポジションを取ることを勧めます。

様子を見ている内に下記のようなオーダーブックが表示されました。

上げ・下げの方向性を示す一つのポイントに「ボリューム」があります。

最近の BitMEX にオーダーブックで 100万 を超えるオーダーが 3,4行出てくると、「買いが強い」「売りが強い」の判断材料になります。

また巨大なオーダーが入ると size 欄に赤字で表示されます。

これも一つの方向性の目安になりますね。

 

6分後、 150ドル上げました。

 

次に考えないといけないのが、この上昇がいつ途切れるかです。

「注文量が減ったり」「もみあい」になったりいくつかポイントはありますが、今回の場合は「注文価格の途切れ」がおきました。

買い注文価格のすき間が広がり、約定値が下がる可能性が出てきたのです。

 

3分後、153ドル下げました。

 

その後は揉みあい相場となり、方向性をつかみにくくなりましたね。

以上がオーダーブックから読み取れる、上げか下げかの予測ファクターです。

冒頭の Cost や 先物指標、スワップレートと絡めて考慮したいですね。

 

 

**

上記でご紹介した取引予想は、絶対的な情報ではありません、体験談です。

投資、トレードは自己責任でお願いします。

 

【ハイレバ】 × 【アルトコイン×25】の BitMEX

 


【BitMEX】に関する過去記事一覧

 

3 Responses to “BitMEXをはじめる時におさえておきたいポイント”

  1. ほつな

    詳しいご説明をありがとうございます。Costについてご質問失礼します。

    Costは、単純に Order Value ÷レバレッジ というわけではないのでしょうか?
    サポートに問い合わせましたら、
    The cost to place an order actually contains x2 sets of taker fees (0.075%).
    と返ってきたのですが。

    返信
    • manager

      ほつな様

      ご返信遅くなり、失礼しました。
      Costですが、 Cost = Order Value ÷ レバレッジ ではありません。
      またサポートからの回答も、ちょっと違うと思います。

      基本的に Cost = Margin です。
      Margin の計算式は、

      margin = (value × 1/Leverage) + (value × 0.075%) + (value × 0.075%)

      この margin 価格は、新規ポジションを成行で取り、うっかり liq.Price(自動損切り価格)に達しても追証が発生しないコストに値します。
      注文数量やレバレッジを変えると、 Cost と Margin が変わりますね。
      新規発注時の取引数量の検討に役立つと思います。

      また margin については、 http://bitcoin-with.com/bitmex_margin にまとめてみましたのでご参考下さい

      bitmex-cost

      返信
  2. ほつな

    マネージャー様、
    どうもありがとうございます。
    サポートよりマネージャー様の方が頼りになります!

    指値で新規注文したとしても、コストには自動的に成行手数料0.075%2回分が含まれるのですね。変な感じですね。

    返信

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo