BitMEX の使い方

仮想通貨のハイレバレッジ・トレードで有名な BitMEX ですが、ちょっと複雑で英語で分かりにくいですよね。

そこで初めて取引を行う時の手順や出金方法など、最低限知っておきたいことをご紹介します。

BitMEX というサービスについては、過去記事『ハイレバレッジ・トレード BitMEX(× 100)』をご参照願います。

また慣れない内は、誤発注を防ぐためにパソコンからの利用を勧めます。

 

取引手順

アカウント作成後、ログインすると入金が促されると思います。

もしくはアカウント画面の入金からビットコインを入れます。

BitMEX で使うビットコイン・アドレスは、マルチシグのため、通常の送金時間に比べて、入金確認が早いです。


そして最初の画面 Trade 画面を確認します。

実際に取引を開始する前に、各銘柄(仮想通貨)の市況を確認したいと思います。


次に、取引を考えます。


便利な試算機能もあります。

こちらもタブを Target Price や Liquidation Price などクリックするといろいろ試算を試すことができます。

下図の場合は、取引量 Quantity 1000 で 約定価格 1198.5 、レバレッジ 100、ショートで 1100ドルまで下げた場合の利益を表しています。

0.0747 、約 9千円儲かる試算です。

 


取引後の確認

次に約定した後のポジション画面を見てみます。

Trade 画面の下に自分の持ち分が表示されます。

こちらはリアルタイムに価格が変動します。


残高や利益等の全体的なバランスは、Account 画面から確認できます。

言葉の説明 【Margin Status 欄】

  • Wallet Balance/Margin Balance(全資産) – Unrealised PNL(保有銘柄の損益)
  • Unrealised PNL/保有銘柄の損益
  • Margin Balance/全資産額
  • Position マージン/銘柄保有時にかかった Cost(変動します) + 現在持っている銘柄の損益額
  • Order Margin/注文中の銘柄に必要な額
  • Available Balance/新規発注できる額(Margin Balance – Position Margin – 注文時に必要な cost)

言葉の説明 【Open Positions 欄】

  • Unrealised PNL/8時間おきにかかる、保有銘柄の手数料です、上図の場合 0.0003 XBT となっており、これは 0.0003 XBT(約 40円)もらえる計算になります。

 

 


取引にかかった手数料

取引にかかった手数料は、Account 画面の Trade History から確認できます。

 


 

ポジションを決済した後は、Account の Balances 画面で履歴を確認できます。

 

 


出金

 

出金手続き後に届くメール

メール認証すると、即時出金ではなく毎日 UTC 時刻 13:00 時頃(日本時間 夜10時頃)に手続きが実行され、数時間後に指定アドレスに入金されます。

 

送金したよ、のメール


 

とりあえずは、こんなところでしょうか。

最初の内は慣れないと思いますが、成行注文など簡単な方法であれば直ぐにコツをつかめると思います。

 

またご不明な点ございましたらお問い合わせ頂ければ、私も勉強兼ねてレポートしていきたいと思います。

最後に、

ハイレバレッジ・トレードなら BitMEX💰

 

 

5 Responses to “BitMEX の使い方”

  1. ひろし

    細かい説明ありがとうございます。
    Trade画面下部のポジションを見た時に、Marginの発注時のコスト+現在の損益額となっていますが、
    その横に()があり、数字✖が入っています。
    ここで、決済した場合には、このMarginの欄にある数字と(かっこ)の中にある数字を掛けた数字が
    実際のプラスの利益額と考えていいでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    返信
  2. manager

    コメントありがとうございます。
    説明が足りていなくて失礼しました。

    Trade 画面下部の Margin 欄の () は、実行レバレッジを表しています。
    例えば、(×16 ) の場合、現在のレバレッジは16倍で取引していることを表します。
    つまり、100倍のレバレッジで設定しているものの、実際には 16倍のレバレッジになっているよ、もっとポジション増やしてもいいかも? もしくは レバレッジ100に近づいてきているから Size(銘柄の保有量)を減らしてロスカットされないようにした方がイイのでは? という意味の数字になります。

    実際の利益額については、Margin 右にある Unrealised PNL が保有銘柄の損益を表します。
    画像付きで詳しく書きたいのですが、歯医者に行かないといけませんので、失礼します。

    返信
  3. bitline

    大変分かりやすかったです。参考にさせていただきます。有難うございます。

    返信
  4. 高田広史

    初めまして!
    他に説明しているページがなく、それでいてここがとてもわかりやすくてためになりました!

    現在両建て可、建玉ごとの決済が可能なブローカーを探しているのですが、BitMEXはこれらには対応していますでしょうか?
    よろしくお願いいたしますm(_ _)m

    返信
    • manager

      コメント及びご評価頂き、誠にありがとうございます。
      両建てはやったことがなかったので、先ほど試してみました。
      結果は、両建て不可、でした。
      同じ銘柄で 買い、売り をすると相殺されます。

      また建玉ごとの決済は不可能です。
      楽天FX などに比べると機能が限定的になりますが、これもまた、発展途上の仮想通貨ならでは、でしょうか。
      両建て、建玉ごとの決済、取り扱っているサービスを発見しましたら記事アップさせて頂きます。
      お役立ちできずに、すいません。。

      返信

Leave a Reply

will not be published