特徴5 ビットコインは、世界で急速に普及している通貨である
資目的

ビジネスにお考えの方
仮想通貨の説明




【LIVE 現金とビットコインの交換状況 fiatleak】

【ビットコインATMの普及状況CoinATMRadar】

【世界のビットコイン店舗数と地図】






仮想通貨ビットコインの価格推移 
BitStamp(アメリカドル/ビットコイン)

Bitstamp bitcoin price chart

現在の仮想通貨価格

¥10,000 = BTC


¥10,000 = XRP


¥10,000 = LTC


¥10,000 = USD


Currency data courtesy coinmill.com













広告

Advertise with Anonymous Ads

ビットコインの普及状況については、ビットコイン用の財布の数と年間の取引量を参考にすることができます。
まずはビットコイン用の財布数(※Blockchain)の推移です。

date sourced from blockchain.info
2012年1月 登録数約400件
2013年1月 登録数約70,000件
2014年1月 登録数約1,127,000件
2年で約2800倍の上昇になります。
ちなみに、楽天銀行の口座数は447万件以上(2013年12月時点)になります。
2年前は約390万件だったので、増加変数は約1.14倍です。
ビットコイン利用者の急速な拡大が確認できます。
次にどれぐらいの量のお金が、やり取りされているかを確認してみます。

※個人単位の現金の推定流通量/2011年日本の家計消費 約278兆円、それよりクレジット決済、電子マネーを差し引いて算出。
国内の個人単位での現金のやり取りは、年間で約220兆円になります。(2011年※)
次にクレジットカードは、日本で年間約56兆円になります。(2011年)
電子マネーは、日本で年間2兆4671億円になります。(2013年)
ビットコインは推定になりますが、すくなくとも世界で年間3兆6500億円になります。(1日あたり約100億円、2013年)
まだ現金に比べるとビットコインの存在感は薄いですが、今後拡大していくことが予想されます。
こうした事情を背景に、ネットショップなどでビットコイン決済が使えるようになってきています。
日本でビットコインが使えるお店はまだ少ないですが、世界では2000店以上のお店で利用が可能になってきています。(2014年1月調べ SpendBitcoinsより)
この流れは、今後も拡大していくことが予想されます。

→ ビットコインは世界中のだれでも安全に使うことができる
仮想通貨関連書籍   英訳でお困りの方へ   プロ仕様の翻訳ソフト   ゼロからの英語やり直し教室   英語版毎日新聞   カメラを売るならココ


Copyright(C)2014 やさしくはじめる仮想通貨 All Rights Reserved.

リニューアルした 「やさしくはじめる仮想通貨 」 もお楽しみください