資産化するビットコイン

 

2013年からビットコインを使って、2017年にビットコインの性格が変わり始めたように思うのでメモします。

まず従来ビットコインは、「通貨」や「モノ」、「バブル?」といわれてきましたが、2017年になって資産的な性格を強めたように感じますね。

以下にビットコインの資産的な要素をリストアップします。

 

【ビットコインの資産的な要素】

  • ハードフォークによって新たな仮想通貨がもらえる
    → 富が増えるので資産。
      ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、スーパービットコインなど。
     
  • 土地のようにインフレヘッジ的な要素がある
    → 月日を重ねる毎にビットコインの価値は上昇しているので資産。

    https://charts.bitcoin.com/chart/price

     
  • 不動産なみに取引手数料が高い(時も)
    → ビットコインに人気が集中すると送金手数料が異常に高くなります。
      5円送るのに 4,000円以上送金手数料がかかった時も(2017.12)

     
  • 一部の人のみ入手可能
    → 日本でビットコインを手に入れようと思うと本人確認が必須。
      南アフリカの人気ビットコイン取引所 ice3x.co.za では、新規アカウント作成できなかった。
      その他各国の規制やサーバー過負荷によって取引が制限。
      その結果、限られた人のみが入手可能に。
      そして欲しくても手に入れられない状態となり、不動産や名画のような資産的な要素も。

 

これらのことより「通貨」や「モノ」というよりは「資産」的な要素が強まってきているように思います。

2017年12月はじめには 1ビットコイン 200万円だったのが、12月22日ごろに 140万円になってこれからどうなるのか不安に思う方も多いと思いますが、個人的には今後も上昇トレンドをたどっていくと思います。

 

また bitFlyer や coincheck など国内の取引所ではビットコインを持っていなくても、日本円でビットコインのトレードに参戦できますが、上記のような資産的な要素を加味すると「現物のビットコイン」もいいかもしれませんね。

以上、現時点のビットコインについて思うことでした。

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo