源泉徴収税額の還付請求

ネット上の情報が乏しく、ドキドキしながら源泉徴収税額の還付請求を行いましたので、ここに記録します。

申請前の私と同じように、どうしようか・・・と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

現状確認

まず私は 兼業主夫 で、不定期に仕事を行い、フリーランスとして執筆や翻訳料をいくつかの会社から頂戴しています。

平成 28年 1月時点で、平成27年分の収入と経費、所得を計算すると、所得が約 28万円となり、38万円の控除額範囲内になるため、確定申告は行っていませんでした。

syotoku-h27

 

それから時は経ち、9月頃にある記事で 

フリーランスでよく発生する 源泉徴収納税額 は、場合によっては取り戻すことができる 

と書かれていました。

んっ、と思い調べてみると、源泉徴収納税の意味をはじめて理解し、私の場合は取り戻すことができるのでは?と思い始めました。

 

源泉徴収税額/納税忘れ・漏れを防ぐための 見切り納税システム。所得によっては本来納税をしなくてもいいのに納めてしまうこともある税金になります。

 

 

検討

なんとなく源泉徴収が取り戻せそうな気はしてきましたが、ネット上に参考となる情報はほとんどなく、悩んでいました。

悩むポイントとしては、

  • 追徴課税になるかもしれない

  • 今後毎年申告が必要となるかもしれない

  • 何を言われるかわからない

です。

 

私自身、何も悪いことはしていないのですが、やったことのない、しかもマルサやナニワ金融道的なイメージしかない税務署に対しては、ネガティブなイメージしか湧いてきません。

周りの人に聞いても、確定申告以外はやったことがない人ばかりで、時間だけが過ぎていきました。

しかし、2017年になると税務署も確定申告の準備で忙しくなることを考え、勇気を出して、管轄の上京税務署に問い合わせてみました。

 

 

税務署に電話をする前の頭の整理

ナニブン慣れていないことなので、電話する前に原稿を書いて、頭の中を整理してみました。


以下原稿

はじめての問い合わせで、個人が納付した源泉徴収の還付請求について問い合わせさせて頂きます。

2015年得た収入に対する源泉徴収の還付請求について問い合わせさせていただいています。

2015年、3社と取引があって支払調書を受け取っています。

収入 562,841円に対して 経費が 279,764円 掛かって 所得は 283,077

所得金額が 38万円以下のため、確定申告は控えさせて頂きました。

それで一月ほど前に、源泉徴収は還付請求できる、というネットの情報を見て、自分も該当するのでは?と思って、調べて、今回問い合わせさせていただいております。

源泉徴収の還付請求については、国税庁のホームページに記載されている 源泉所得税の誤納額の還付請求 にしたがって手続きさせていただいてよろしいでしょうか?

国税庁によると 必要書類は

  1. 源泉所得税の誤納額の還付請求書(ネットで入手)

  2. 還付を受けようとする税額を納付した際の徴収高計算書の写し つまり支払調書?

  3. 誤納額が生じた事実を記載した帳簿書類の写し つまり私個人の収支報告書?

以上を上京税務署にお持ちさせて頂くのでよろしいでしょうか?


 

 

 

結果

上京税務署に電話してみると、音声ガイダンスの後に、女性の方が電話に出られました。

事前に用意していた原稿の通りお話したところ、

  • 平成27年分の白色申告書を作成して、上京税務署に持参下さい
  • レシート・領収書のコピーは不要

以上でした。

思ったよりもやさしい口調で、怖くない、と思いました。

今まで抱いていたイメージとは異なり、何だかとっても身近な、例えば役所の受付のような感じがしました。

 

 

申請資料の作成

電話で教えてもらっていた、白色申告の案内ページ** から白色申告書を作成して、上京税務署に持参しました。

事務所に入ってみると、受付の方は物腰柔らかく、これまたイメージとは違う! 印象でした。

事前に電話をして今回申請書類をお持ちしたことを伝えると、簡単に中身をチェックされて、すんなり受領されました。

この時あったほうが良いものとして、印鑑 と 収支内訳書 があります。

印鑑は訂正や押印漏れ、収支内訳書は所得の適性を判断するためです。

私は白色申告書に押印を忘れていて、サインで対応しました。

収支内訳書は自前の経費管理シート(エクセル)を提出(義務ではなかった様子)して申請は完了しました。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_002

自前の経費管理シート

 

来年は、自前のエクセルシートではなく所定の収支内訳書** で申請ください、とご指導いただきました。

 

書類が受領されると、およそ 1ヶ月ほどで指定した銀行に振り込まれる、とコメントを頂きました。

上京税務署訪問日 2016年11月24日

 

 

入金

それから約 2週間後の 12月 9日 に申請した通りの金額が振り込まれました。

そして後日、郵便で支払い通知が届きました。

%e7%af%84%e5%9b%b2%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e_005

re-payment-paper

 

 

感想

行動を起こす前は、不安でしたが、いざ電話して、税務署にいって、と行動してみると案外簡単で、また来年もやらないと、と思いました。

税やお金のことってオモテに出しにくいですが、これも勇気をだして行動してみました。

フリーランスで私のように所得が 38万円以下の方にご参考頂ければ幸いと思います。

また税に関する正しい知識の習得に一役買えばとも思いました。

 

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo