実験 – ファイル提供でビットコイン報酬 Megabitload

2015年に入って日本国内では、ビットコインの月間取引額が数億円に上るというニュースもちらほら見かけるようになってきました。

日常生活の中でこうしたニュースを実感する機会はほとんどなく、どちらかというと日に日にビットコインの魅力が薄れつつあると感じるのは筆者だけでしょうか。

採掘者の収益率は右肩下がりで、リスクヘッジできると思っていたクラウドマイニング系もハッキングやサービス停止、報酬の支給停止などマイニングに関しては厳しい情勢が続いています。

採掘者の収入

ビットコイン、の魅力というと

  1. 送金手数料が安い
  2. 匿名性が高い
  3. マイニングの報酬
  4. キャピタルゲイン

という事柄がメジャーと思いますが、特に 3 に惹かれていた方も多いのではないでしょうか?

マイニングの報酬というと インカムゲイン で、自分が働かなくても自動的に報酬が振り込まれる、という点が魅力的でした。

同じようにビットコインをインカムゲインとして受け取れるサービスがありましたので、以下にレポートします。

 

インカムゲイン・サービス? Megabitload

megabitload

Megabitload は、3年ぐらい前からスペイン発でスタートしたファイルのダウンロード仲介サイトになります。

手元にあるファイルを Megabitload にアップロードし、ダウンロードリンクをブログやウェブサイトに貼って、ユーザーがサイト内からダウンロードを実行するとビットコインがもらえるというサービスになります。ダウンロード自体は無料で実行できるので、ユーザーにとってもメリットのあるサービスかな?と思いました。

試しにいくつかのファイルをアップしてみました。

 

実際にダウンロードを実行してみると、このような画面が現れます。

ダウンロード

 

広告の収益で、ファイルアップローダーに報酬が還元されていることが分かります。

実際にダウンロードをクリックしてみると、ブラウザにダウンローダーの拡張子 iLivid をインストールするように求められます。

ilivid

この iLivid 自体は有害ではありませんが、Internet Explorer の場合はノートン(セキュリティー)によって拡張子のダウンロードを実行されません。スマホの場合も、セキュリティーソフトを使っている場合はアクセスがストップされます。Mozilla Firefox の場合は Chrome 同様に拡張子のセッティングでダウンロードを実行できました。

ノートン曰く、cloud9

 

率直な感想としては、チョットめんどくさい作業ですが、無料ダウンロードサイトというと数々のサイトを転々としたりするケースが多いので、これぐらいは許容範囲なのかな、と思いました。

ファイルのダウンロード自体は普通に実行でき、ファイルも健全な状態でした。

ダウンロードの報酬もすぐに Megabitload のアカウントに反映されて、ビットコインがコツコツ貯まることが想像できます。

reports

 

マイニングの報酬環境が厳しく、キャピタルゲインも希望が薄い中、こうした報酬システムは悪くないかもしれません。

ご利用は自己責任でお願いします。


 

Megabitload報酬プラン

1000ダウンロードで 4 € → 1 ダウンロード 0.5 円

ppd

10 インストールで 1.7 € → 1 インストール 20円

ppi

 

Megabitloadの信ぴょう性

safe

大丈夫らしい様子です。

 

Megabitload からの出金

payout

 

Megabitload のまとめ

  • ノーリスクでビットコインのインカムゲインが期待できる
  • リターンは少額
  • ダウンローダーの  iLivid がネック

→ Check Megabitload

 

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo