仮想通貨の種類 大分類

2013 年末には 100種類程しかなかった仮想通貨ですが、今は数え切れないほどの仮想通貨が発行されています。
またカウンターパーティーや Nxt.org といったアセット型仮想通貨発行システムのサービスが広がり、「仮想通貨」のヒトくくりでは仮想通貨を説明できないほどの事態となっています。

そこで 2015年末時点での仮想通貨を個人的主観の下、大分類して整理しておきたいと思います。

 

代用紙幣としての仮想通貨ビットコインなど

商品やサービスとの引き換えを目的とした仮想通貨で、円やドルに代わる紙幣価値の性格を持っています。
ビットコインの他にはライトコインや DASH などが有名どころです。
また DOGEコインやモナコインのような特定のファンを対象とした仮想通貨も、代用紙幣に分類されると考えます。
この種の仮想通貨は、ビットコインをモデルに設計されているケースが多く 2013 年から 2014 年前半にかけて多く発行された仮想通貨の種類になります。

 

燃料としての仮想通貨 ETH (イーサリアム)など

仮想通貨特有のブロックチェーン・システムを利用し、新たなデータベース空間を構成する Bitcoin 2.0 という世界で使われる仮想通貨になります。
ETH (イーサリアム)の他には、XCP(カウンターパーティー)やBTS(Bitshares)、Nxt などが有名どころです。
上記仮想通貨の用途は、イーサリアムやカウンターパーティーといった特定のプラットフォームを利用する時に必要となります。
ShapeShift 等の仮想通貨交換所を使えば、ETH や XCP もビットコイン等との換金が可能です。
Bitcoin 2.0 が注目され始めた 2014 年から多数発行されている仮想通貨の種類になります。

 

貢献度合いとしての仮想通貨 CureCoin など

難病研究の Folding@home や高度な計算を必要とする研究(BOINC)に自分の PC をネットワーク接続することによって受け取る仮想通貨になります。
この手の仮想通貨は、それ自体で何かのサービスを利用できるというケースは少なく、Poloniex などの換金所を利用してビットコイン等他の仮想通貨に換金し、利用する必要があります。
CureCoin 以外に GridCoin が有名な仮想通貨になります。

 

SNS 仮想通貨 GetGems など

LINE やFacebook のメッセンジャーアプリの様な SNS 内で利用する仮想通貨になります。
アプリ内の広告料を利用者で分配できたり(GetGems)、「いいね」や「リツイート」とリンクする「reddcoin」が有名です。
SNS 内で利用するほか、Poloniex などの換金所を利用してビットコイン等他の仮想通貨に換金することができます。

 

アセット型仮想通貨とは

カウンターパーティーや Bitshares のようなプラットフォームを利用して作成した仮想通貨になります。
3000 種類近く**発行されていて、GetGems のようにメジャー取引所で換金できるものとアセット発行元(カウンターパーティーなど)のみで換金できるタイプに分かれます。

 

まとめ

上記で紹介した以外にも、暗号の種類やマイニング有・無、仮想通貨発行数量の上限有無、ブロックサイズなども仮想通貨毎に違ってきます。
投資として特定の仮想通貨を検討する場合は、対象通貨の設計モデルをよく確認しておきたいですね。

 

**Ripple(リップル)のXRP について

Ripple の XRP は国内の仮想通貨市場でも有名です。
仮想通貨 XRP はリップルネットワークを利用するための仮想通貨で、上記に挙げた分類には仕分けにくいと判断しました。
また XRP は Ripple Labs によって管理されている中央集権型仮想通貨になります。
そのため運営元の方針によって利用者が巻き込まれるケースもあります。
例えば、ビジネスモデルを法人向けに転換するため、リップル・トレードの閉鎖など。

 

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo