ビットコインを守って稼ぐために

ビットコイン・ホルダーなら 8月1日がイベント・デイであることはご承知のことと思います。

この2、3日の価格下落を受けて、仕事もちょっと空き時間が取れたので、8月1日のことを少し調べてみました。

すると必要に応じてすぐに対策が必要なこと、今後のビットコインについて分かりましたのでココに記録します。

 

すぐに必要な対策

Bitcoin.org からもアナウンス*があるように、8月1日18時(日本時間)の12時間前からビットコインの送受金は止めましょうとアナウンスしています。安全を見るなら48時間前から送受金をやめておきましょう、とメッセージ。

またメールを見ていなかったのですが、ビットコイン・ウォレット大手の Circle は今年の3月に、ビットコインでハードフォークが発生すると送受金ができなくなる可能性があるので、ビットコインをドルやユーロに換金してリスクを回避しましょう、とメッセージしていました*

またあるビットコイナーは、オフラインウォレットに保管して、自分のビットコインを守るように準備しています。

これらのことから多少でも利益がでているなら、暴落する前に一旦円やドルに換金した方が賢明と考えられます。

もしくは売り建てすると面白いかもしれません。

 

今のままビットコインを持っていると・・・

いったいどういう形に落ち着くのか先が見えないものの、仮にビットコイン・ネットワークが分裂した場合、自分のビットコインはどうなるのでしょうか?

まだ勉強不足ですが、ビットコインはビットコインのままです。

ただし、価格は暴落?しているかもしれません。

 

今後のイベント

8月1日まで毎日のように何かが起きそうですが、さしあたって SegWit2×のイベントデイは知っておきたいですね。

計画通りいったかどうかでビットコインの価格が乱高下する可能性があります。

  • 7月21日 SegWit2× リリース、約87%のマイナーはSegWit2×を使ってマイニングする予定
     
  • 7月26日 ビットコイン・ネットワークの難易度が変わる予定の日です。
     
  • 8月10日 ビットコイン・ネットワークの難易度が変わる予定の日です。この間の SegWit2× の利用状況によって SegWitが一旦ロックされる可能性があります。つまりSegWitとSegWit2×の両方でビットコインネットワークを処理。
    送金手数料の低減や処理速度の変化を試したいですね。
  • 8月23日 SegWitが有効になる予定日で、SegWit2×の有効期限は11月18日ごろになる予定です。
     
  • 11月18日 SegWit2× がハードフォークを行い、分裂するかもしれません。

参考/https://medium.com/@jimmysong/segwit2x-what-you-need-to-know-about-the-2mb-hard-fork-27749e1544ce

 

まとめ

7月12日現在の状況としては、8月1日が分裂の日ではなく11月18日ごろが分裂おそれの日となる。

11月頃まで下げトレンドが続くか注目!

SegWit2× の開発状況、稼働状況次第で価格は上下する。

勢い的には、コア開発チーム(SegWit)より SegWit2× チームの方が勢いがある。

いずれにしても来年には進化したビットコインが誕生する。

 

当面上げ下げが続くと考えられますので、イベントデイとSegWit2× の動向を抑えてうまくトレードすると、美味しい時期なのかもしれませんね。

SegWit2× GitHub https://github.com/btc1/bitcoin

SegWit2× アーカイブ https://lists.linuxfoundation.org/pipermail/bitcoin-segwit2x/

 

 

Leave a Reply

will not be published