もうビットコインで買い物をしたくない、と思った

ビックカメラでビットコイン支払いができることは有名ですよね。

先日ビックカメラ京都店で、ビットコインを使ってお買い物をしましたのでここに記録します。

 

まず第一感想としては、非常にめんどくさい、ということです。

  • 時間にして、クレジットカードの 30倍
  • 手間にして、クレジットカードの 3倍

ある程度ビットコインニュースを読んでいる方からすると、「えっ??」と思うかもしれませんが、ビットコインの現状を記録するためにここに書き記します。

 

まずビックカメラ京都店は 7階建てです。

今回は、子どもとおもちゃを買いに 7階に行って、商品を選び、レジに行きました。

 

  • 私 『ポイントカードを作って、ビットコイン支払いで』
     
  • 店員さん 『少々お待ちください』
    内線でビットコインについて確認している様子
     
  • 店員さん 『この階ではビットコイン支払いができませんので、6階でお買い求めください』
    私 6階レジに移動
    店員さん レジで処理を進めていくが、どうもシステムが止まった様子
    内線で確認している
     
  • 店員さん 『通信環境の影響か、こちらでは決済できませんので、5階で手続きしましょう』
    店員さんと一緒に 5階レジに移動
     
  • 店員さん『ビットコイン支払いでの処理です』と違う売り場のスタッフに声かけし、レジ。
    どうやら5階のレジではシステムが順中な様子。
     
  • 店員さん 『こちらの内容でよろしければ OK ボタンを押して、規約を承諾ください』
     
  • 私 『はい、決済する日本円の金額を確認し、何かよくわからないけど利用規約を承諾』
     
  • 店員さん『ありがとうございます』
    店員さんのスマホ上に QRコードが表示
     
  • 私 スマホの Circle App でQRコードを読み込み、支払い手続き
    QRコードができてからは、1分未満の処理
    2秒ぐらいで店員さんのスマホに「支払完了」と表示
    レシートを頂き、買い物完了

 

(本当はビックカメラさんがいくらのレートでビットコインを請求しているのか、確認したかったですが、子供がぐずっていたので諦めました。)

 

所感

  • クレジットカードだったら 7階の売り場で、1分程度で支払いが完了していたと思う。
  • 店員さんの不安そうな手続き、繰り返す内線、消費者としてはいくらビットコインの認知度、普及率が低いとはいえ、不安に。
  • セキュリティとビックカメラ・ポイント(10%)のメリットを除けば、わざわざビットコインで払う必要はナイ、と今回の買い物で感じた。
  • おサイフケータイみたいに NFC が普及したら多分もった早く・簡単に処理できるのかな、と思った。

 

ちなみに帰りのタクシーで今回支払ったビットコイン(0.03074BTC)のレートを確認したところ、 485,914円。

私は bitFlyer のアプリを持っていないので、支払い前に bitFlyer Webページでレート確認しようと思いましたが、アプリをインストールしないとレートは見られないようで、代わりにcoincheck のレートをメモしておきました。

coincheckのレート 489,424円/BTC

つまり bitFlyer の方が 3000円ほど安く換算し、請求しています。

これは市場の一時的な価格変動かもしれませんが、 3000の違いは大きいですよね。

ちなみにもし、coincheckで払っていたら 0.03051955 BTC です。

bitFlyer と coincheck の差を計算すると、 0.0002205 BTC で差額は 約 107円です。

 

まとめ

  • ビットコイン支払いの場合、時間がかかるかもしれないことを予め予想しておいたほうがいい
  • 支払い時のレートは自分で調べないと分からない
  • 何回かビックカメラ側のスマホをタップしないといけない
  • ポイントは現金同様に 10% 貯まる
  • 今の段階では、もうビットコインでお買い物をしたくない、と思った
  • 各メディアに書かれているビックカメラのビットコイン支払い記事に比べると、「すごく面倒」と思った。

 

coincheck ホームページ

bitFlyer ホームページ

 

Leave a Reply

will not be published

wp-puzzle.com logo